反対派、憲法改定阻止を表明

10月25日 (カラカス)
ベネズエラの反対派は、「憲法改定のための国民投票をあらゆる可能な手段を用いて阻止する」計画であると発表。しかし現時点では、反対票を投じるのか、棄権するのかなど、どのような戦術をとるかにおいて反対派グループ間で意見が分かれている模様。

国民投票は12月2日に予定されている。

資料:venezuelanalysis.com


Creative Commons License
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。