12/9-15 CCヘッドラインニュース

12/10 ベネズエラ、米貧困家庭に石油を寄付
ベネズエラは、今回で3年目となる米国の貧困家庭向けに暖房用の油を助成するプログラムを開始。これは米国の23州で、約4億2千3百万㍑の灯油がこの計画のために使われ、23万5千世帯の低所得世帯が恩恵を受けるとされる。対象世帯の住人は、市場価格の40%以下で灯油を購入することができる。

12/10 ベネズエラの刑務所で暴動
コロンビア国境近くのサン・クリストバル市の刑務所で暴動が発生。施設内の支配をめぐっての抗争で、少なくとも15名の服役囚が死亡した。

12/10 ベネズエラ標準時、マイナス30分

ベネズエラは、10日午前3時より標準時を30分遅らせた。これによりグリニッジ標準時より4時間遅れだったのが、4.5時間になる。ちなみに日本とは、13.5時間の時差になる。

12/12 仏首相、チャベス大統領にコロンビアとの交渉再開促す
チャベス大統領は、ブエノスアイレスでフランソワ・フィヨン仏首相と会談。首相は、チャベス大統領が仲介していたが、中断してしまったコロンビア革命軍(FARC)との人質交換交渉再開を求めた。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。