コロンビアの人質解放へ

12月20日-カラカス

Venezuela.comのKiraz Janicke氏は、コロンビア革命軍(FARC)が3人の人質をチャベス大統領に引き渡すことになったと大統領が明らかにしたと報道。

開放される人質は、コロンビアの元副大統領候補のクララ・ロハス氏とその息子エマヌエル、そしてコロンビアのコンスエロ・ゴンサレス・デ・ペルドモ上院議員。

コロンビア革命軍とは、チャベス大統領がコロンビアのピエダド・コルドバ上院議員とともに仲介役を務め人質の人道的解放を求めて交渉を進めていたが,11月21日にコロンビアのウリベ大統領がこの交渉を中断させた。このため両国の関係も悪化した。

記事によると、コルドバ上院議員は、もしウリベ大統領がチャベス大統領の仲介を中断させなかったら、「論理的に考えても少なくとも25人」は解放されていたと思うとワシントンでの記者会見で語ったと述べている。

人質であり、大統領候補としてロハス氏とともに選挙戦をたたかったイングリッド・ベタンクール氏の夫、ファン・カルロス・レコンプテ氏は、「もしチャベスの仲介が壊されなかったら、クリスマスまでに全ての人質が解放されたかもしれない」そして、「私たちは、チャベスがこれらの人びとの解放を実現するのに理想的な人物だといつも言っていた」とも語った。

記事URL: http://www.venezuelanalysis.com/news/3021


Creative Commons License

この記事は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。