ストーン監督、ベネズエラで撮影

これはYoutubeで発見したビデオクリップ。オリバー・ストーン監督が、FARCの人質解放の模様を撮影に来た様子。ビデオクリップの中で、ストーン監督は、ラテンアメリカと、そして北米についての映画を製作中で、2008年公開予定だそうだ。また、ストーン監督は、人質解放に努めるチャベス大統領を賞賛し、「彼のファンだ」とリポーターらに語っている。

(注)このビデオは人質解放前に撮影されたもの。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。