転機のベネズエラ・ボリバル革命<4>

敗北の結果

チャベスとその支持者らは、この失敗が大きな後退であると納得している。しかし、これはチャンスが姿を変えたものだと説く声がある。もし改定が勝っていたなら、特にそれが小差だったら、反対派は結果を受け入れなかっただろうし、暴力的デモと不正の訴えで国を不安定にしようとしただろう。今でさえ多くの反対派は公式結果よりもはるかに大差で勝ったと主張しようとしている。深刻な不安定化キャンペーンは、おそらく改定の政策を推し進めようとするチャベス政権を妨げていただろう。

また、失敗はボリバル運動の最も深い分析と自己批判を引き起こした。長い間、ボリバル運動はチャベスを中心にしていたため、運動内部への批判は大統領の視野に入っていなかった。(アメリカの資金援助を受けて)チャベスを転覆させようとする反対派の努力を考慮して、生き残るために運動は統一される必要があったが、彼の政策に疑問を投げかけることはその統一を危険にさらした。もしチャベスの調査が真剣なら、提案の中の大統領を中心とした見地と政府プログラムの非効率においてトップダウン方式と早急な過程に欠陥を見つけるだろう。そのときにだけ、彼はベネズエラに21世紀の社会主義を持ち込むという彼の努力は生まれ変われるかもしれない。

(おわり)

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/analysis/3042
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。