ベネズエラ:革命に危険信号(5)

階級闘争

異議を沈黙させ、PSUVを官僚主義的に乗っ取る企てが「チャベスなしのチャベス主義」(そして社会主義なしに)を目指す内部右派の計画の一部である。

これら分裂は、革命過程の階級闘争を反映している。

2006年のグリーン・レフト・ウィークリーとのインタビュー(「石油、革命、そして社会主義」GLW #681)で、タスコンは、「疑いようもなくチャベス派間での対立があるだろう。左派と右派の間のある特定の利害の衝突があることは、確かだろう。しかし、それは(反対派にいる)伝統的右派ではなくチャベス派の右翼だ」と論じた。

アメリカ帝国主義の要求に対するベネズエラ経済(そして国家)の従属を克服する目的の過程で、広範な勢力がボリバル運動に興味を示している。

それには、アメリカの支配から脱却することで資本主義の枠内での経済発展を補助することを望んでいたものから、まさに周到な社会主義革命が抑圧された大多数の人びとの要求を解決することに他ならないという革命的社会主義者まで含まれている。

帝国主義と地元の資本主義階級の攻撃の下で、チャベスが繰り返しゴールは、社会主義と私的するとともに、革命はますます急進的になっている。

しかし、革命の標榜する目的が更に左旋回したと同時に、右翼勢力の力がチャベス派政党と汚職で悪名高い国家の両方の大部分で増大している。

誰の利益のためにPSUVが働くのか(抑圧された大多数の人びとか資本主義派の官僚か?)の疑問をめぐって矛盾がたたかわれている。左派勢力の組織と団結がPSUV(そして革命)の未来を決めるのに重要となるだろう。

憲法改定の敗北(のどから手が出るほどはずみが必要だったアメリカの支援を受ける反対派の勝利)を招くのを助けた悪意に満ちた国内外のメディアキャンペーンと相まって、チャベス主義右派によって引き起こされた、あるいは悪化させられた諸問題への不満の事実によって明らかにされたように、内外の闘争は、明らかにつながっている。

革命の本当の「修正(revision)、改正(rectification)、再開(relaunch)」(チャベスが言う「3つのR」)なしに、ボリバル勢力は、年末の選挙で大敗北に面する可能性がある。これは、激しさを増す反対派の攻勢にチャベスを政権から追い出す道を敷く可能性がる、憲法上の手続き、あるいは別のやり方で。

(おわり)

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/analysis/3193
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。