3/20 CCヘッドラインニュース

エクソンとの論争で、ベネズエラに有利な判決をロンドン裁判所が下す
2008年3月18日(メリダ)

March 18th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com

ラミレス石油相

イギリスのポール・ウォーカー裁判官は、今日、ベネズエラ公営石油企業PDVSAの資産120億ドルの凍結は無効だ、とロンドンの裁判所で宣言した。この決定は、セロ・ネグロとして知られるベネズエラのオリノコ川ベルト計画におけるエクソンの権利の国営化についての論争で、2月7日に一時的資産凍結を勝ち得ていた世界最大の石油企業エクソン・モービルにとっては大敗北である。

写真上:ラファエル・ラミレス石油相・PDVSA社長(Archive)

ニュース原文URL:http://www.venezuelanalysis.com/analysis/3283

コロンビアのエクアドルへの軍事侵入を米州機構が拒絶
2008年3月18日(カラカス)

March 18th 2008, by Kiraz Janicke Venezuelanalysis.com

エクアドル外相

14時間の緊迫した討論の後、米州機構(OAS)の外相会議は、ワシントンで早朝、3月1日のエクアドルに対するコロンビアの軍事侵入を拒絶する3月7日のリオ・グループ首脳会議宣言を批准する決議を承認した。この侵入によって、コロンビア革命軍(FARC)のラウル・レジェス副司令官を含む25名が殺害された。

写真右:最終決議で拍手するエクアドルのマリア・イサベル・サルバドール外相(Telesur)

ニュース原文URL:http://www.venezuelanalysis.com/analysis/3284

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。