ベネズエラ統一地方選挙結果

州知事選結果

ベネズエラで行なわれた11月23日の統一地方選挙で、チャベス大統領を支持する与党ベネズエラ統一社会主義党(PSUV)は、23州のうち17の知事選挙で勝利した(勝率77%)。一方、野党はカラボボ、ミランダ、ヌエバ・エスパルタ、タチラ、スリアの5州で勝利した。アマゾナス州では、時期がずれているため今回選挙は行なわれておらず、現在の知事は、チャベス支持派である。

野党はこの他にも、カラカス首都圏市長の座と、カラカスの5つの区のうち4つで区長の座を獲得した。改選前は、チャカオ、バルータ、エル・バティーヨの最も裕福な3区を押さえていたが、貧困層と低中所得者層が大半を占めるスクレ区でも今回勝利した。区の中で最大かつ最貧のリベルタドール区では、チャベス派が勝利している。

全国327の市長選において、PSUVは265で勝利した。

(図)赤:PSUV勝利青:野党勝利、白:選挙なし、矢印:野党に交代した州

Venezuelanalysis.comによれば、前々回2000年の市長選では114、前回2004年には226、そして今回265、勝率81%とチャベス派は支持を伸ばしている。昨年の憲法改定国民投票の時と比べると、PSUV候補は、550万票とおよそ130万票増となっている。対して今回430万票を獲得した野党は、昨年より20万票減らしている。

このほかの注目点では、チャベス大統領の出身地であるバリナス州では、大統領の兄であるアダン・チャベス氏が知事に当選している。

州知事選公式結果

アンソアテギ
Tarek William Saab (PSUV) 55.06%
Gustavo Marcano 40.50%

アプレ
Jesús Aguilarte (PSUV) 56.48%
Miriam de Montilla 26.54%

アラグア
Rafael Isea (PSUV) 58.56%
Henry Rosales 40.17%

バリナス
Adán Chávez (PSUV) 49.63%
Julio Cesar Reyes 44.58%

ボリバル
Francisco Rangel (PSUV) 46.97%
Andrés Velásquez 30.47%

カラボボ
Henrique Salas Feo 47.72%
Mario Silva (PSUV) 44.29%

グアリコ
Willian Lara (PSUV) 52.08%
Lenny Manuitt 33.68%

ララ
Henri Falcón (PSUV) 73,15%
Pedro Alcántara 14,85%

メリダ
Marcos Díaz (PSUV) 54.62%
Williams Dávila 45.11%

ミランダ
Henrique Capriles Radonsky 52.56 %
Diosdado Cabello (PSUV) 36.74%

スクレ
Enrique Maestre (PSUV) 56.08%
Eduardo Morales 42.62%

タチラ
Cesar Perez Viva 49.54%
Leonardo Salcedo (PSUV) 48.04%

バルガス
Jorge García Carneiro (PSUV) 61.56%

Roberto Smith 32.18%

スリア
Pablo Pérez 53.59%
Gian Carlo Di Martino (PSUV) 45.02%

ファルコン
Stella Lugo (PSUV) 55.27 %
Gregorio Graterol 44.49%

モナガス
Jose Briceño (PSUV) 64.79%
Domingo Urbina 15.41 %

ヌエバ・エスパルタ
Morel Rodríguez: 57,64%
William Fariñas (PSUV): 41,69%

ポルトゥゲーサ
Wilmar Castro Soteldo (PSUV) 57%
Jovito Villegas 27.28%

トゥルイーヨ
Hugo Cesar Cabezas (PSUV) 59.47%
Henrique Catalán 27%

資料:venezuealanalysis.com

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。