ベネズエラがイスラエルのガザ空爆を非難

ベネズエラ外務省は、先週土曜日、イスラエルのガザ空爆を「犯罪的な攻撃」と強く非難する声明を発表した。同声明でベネズエラ政府は、パレスチナ人との連帯を強調する一方、イスラエルを擁護するアメリカ政府を批判した。

Venezuelanalysis.comは、カラカスのイスラエル大使館前で行なわれたガザ空爆反対デモについて次のように伝えている。

日曜日、数十人のデモ参加者らは、イスラエル大使館の外でイスラエル「占領軍」による「民族虐殺」と一人の発言者が言及したものに対して集会を開いた。ラテンアメリカ地域のニュース専門局テレスール(TeleSUR)で放送された抗議集会主催者のヒンドゥ・アンデリ氏の声明によると、抗議は大使館前で月曜日の朝も続けられる。

パレスチナ人人権活動家のアンデリ氏は、この紛争におけるベネズエラ政府の姿勢に感謝したが、「連帯は、イスラエルに経済的、そして政治的に影響を及ぼす対策を採ることを意味する必要がある。そうでないとパレスチナ人の状況は変わらないからだ」と述べて具体的な行動を要求した。

Creative Commons License


Photo by Petezin
スペイン・マドリード 2008年12月28日


Photo by Dave Schumaker / RockBandit.
米国・サンフランシスコ 2008年12月30日

melbourn
Photo by Takver
オーストラリア・メルボルン 2008年12月30日

buenos aires
Photo by manupa
アルゼンチン・ブエノスアイレス 2008年12月29日

white house
Photo from A.N.S.W.E.R
米国ワシントンD.C. ホワイトハウス前 2008年12月30日

new york
Photo from A.N.S.W.E.R
米国ニューヨーク 2008年12月30日

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。