チャベス、オバマを賞賛

2009年1月24日

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、バラク・オバマ米大統領がキューバのグアンタナモ収容所の閉鎖と拷問の禁止を宣言したことを賞賛した。大統領は、1月23日の独裁者マルコス・ペレス・ヒメネスが倒された記念日に以下のように語っている。

「私はうれしい、就任直後にこの方策を採ったという事実に反映されているように、アメリカ大統領が善意を持って判断したことに世界が喜んでいる。とにかく、我々は冷静に待たなければならないと思う、最近の見解でフィデル(・カストロ)が言ったように。」

「(過去において)アメリカは、帝国主義の立場から逸脱したなら政府の発展を許さなかったが、最近の数年間で私の意見は変わった。いまや、アメリカを冷静に待つ価値がある、バラク・オバマ大統領の新政府については特にそうだ。」

(資料)
http://www.venezuelanalysis.com/news/4139

Creative Commons License

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。