憲法修正にSí : 54%

2月15日に行なわれた憲法修正の是非を問う国民投票の結果、大統領、知事、市長、議員の三選禁止規定の廃止賛成が過半数を超えた。開票率94.2%で、賛成が54.36%(600万3594票)、反対が45.63%(504万82票)だったと中央選挙管理委員会が発表。棄権は32.95%で、選挙人登録をした1600万人のうち1100万人が投票所に足を運んだことになる。Venezuelanalysis.comによると、2007年の憲法改定国民投票の投票者数より200万人多いことになる。

これによりチャベス大統領は、2012年の大統領選挙で三期目を目指すことが可能になった。

確認は取れていないが、ベネズエラの政治に関するブログBoRev.Netに寄せられたコメントによれば、米国在住ベネズエラ人による在外投票の結果は、賛成100票(2.3%)、反対7482票(97.7%)、無効8票であったらしい。)

(YouTube)中東のテレビ局アルジャジーラ英語版より


Creative Commons License

この記事は、アルジャジーラのビデオを除きクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。