クリントン:ベネズエラ「孤立化」効果なし

米国のベネズエラ「孤立化」効果なし、とクリントン

Venezuelanalysis.comニュース(訳)
April 24th 2009, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2009年4月24日

ヒラリー・クリントン米国国務長官は、水曜日、過去8年間の米国によるベネズエラのウーゴ・チャベス大統領孤立化政策は失敗していると述べた。

「チャベス関係は…8年間のチャベス孤立化の結果です。そして、これがとてもうまくいっていると私たちが確信していると思わない…私たちの考えは、もしそれがうまくいっていないのなら、なぜそれを続けるのでしょうか?他に何が可能であるか考えてみましょう」と4時間におよぶ米下院での外交政策公聴会の中で、クリントン国務長官は述べた。

「私たちは彼を孤立化させ、そうしたら彼は別の場所へ行った。彼はとても社交的な人物です」とクリントン国務長官。「彼は、私たちが友人を見つけることを望まない場所で友人を見つけています」とクリントン国務長官は、チャベス大統領のイランのマフムード・アフマディネジャド大統領との外交関係を特に示しながら付け加えた。

「これらの影響からチャベス氏を遠ざける機会があるかどうか、私たちは見極めるよう努めます。」と国務長官は、水曜日に語った。

ベネズエラとイランは、ベネズエラでの自転車・トラクター工場の建設、共同鉱業会社、そしてベネズエラのオリノコ川石油地帯からの共同石油掘削を含め、過去3年間に数十の経済的、政治的協定を結んでいる。チャベス大統領は、4月初めに二国間銀行と開発基金をまとめるためにアフマディネジャド大統領と会談した。

イランに加えて、チャベス大統領は、ロシア、中国、南アフリカ、アラブの石油輸出国の大部分、そしてラテンアメリカ・カリブ海諸国の大多数やその他の国々との経済的、政治的協定による「多極世界」と大統領が呼ぶものの創設において、昨年1バレル150ドル近くまで価格が上昇したときにピークを迎えたベネズエラの石油利益を積極的に投資している。

先週、トリニダード・トバゴでの米州サミットで、バラク・オバマ米国大統領は、チャベス大統領と親しく握手し、言葉を交わした。水曜日、クリントン国務長官は、チャベス大統領へのオバマ外交の開放と二国間外交関係の再開を「建設的発展」と呼んだ。

ニュース原文URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/4394
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。