ホンジュラスで再び大規模デモ


ホンジュラスの首都テグシガルパで、7日、セラヤ大統領の妻、シオマラ・カストロ氏(写真中央)が、3万人のクーデターに反対する人びととともにデモ行進を行なった。カストロ氏は、クーデター発生時には米国大使館へ逃げ込み、その後転々として身を隠していた。(Link)

現地時間7日現在、憲法で認められた人権が停止されて以降、首都テグシガルパだけで800人以上の抗議行動に参加した人びとが軍によって拘束されている。(Link)

この記事(写真除く)は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。