数字で見るホンジュラス・クーデター

ホンジュラスのクーデター政府に従って、実際に住民への弾圧を行なっているのが軍と警察である。ホンジュラス軍の総数は、兵士と将校を合わせて9000人。警察官は、全部で14000人である。どんなに低く見積もっても反クーデターの国民は、軍と警察を足した数よりも多いわけであり、クーデター政府や軍幹部が抗議行動を行なっている人びとを恐れる理由がこんなところからも窺える。また、軍も一枚岩でクーデター政府を支持しているのではなく、特に青年将校の間でクーデターに反対するものが多いそうだ。警察にしても、一時クーデター政府に対してストライキを行なっており、クーデター政府がボーナスを支払うことによって何とかつなぎとめている状態である。支払いが滞れば、いつ警察がミチェレッティらに反旗を翻すかわからない。(Link)

(8月3日・サンペドロスーラ)弾圧を恐れて店の鉄格子を閉めていたネットカフェ経営者夫婦を逮捕する警察。

(8月3日・サンペドロスーラ)弾圧を恐れて店の鉄格子を閉めていたネットカフェ経営者夫婦を逮捕する警察。

Creative Commons License
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。