[ホンジュラス]セラヤ-クリントン会談、大統領選挙ボイコット

9/1 ホンジュラスのマヌエル・セラヤ大統領は、今週、米州機構(OAS)などとの会合のためワシントンを訪問しているが、木曜日にヒラリー・クリントン国務長官と会談するとイアン・ケリー国務省報道官が公表した。また、セラヤ大統領は、2日、ジョージ・ワシントン大学で『ホンジュラスの民主的、憲法秩序への復帰』と題して講演を行なう予定。(Link)

8/31 クーデターに反対する全国組織、反クーデター全国前線(Frente Nacional Contra el Golpe de Estado )は、クーデター政権下での大統領選挙キャンペーンや選挙結果を認めないことを宣言した。(Link)

9/1 無所属の候補カルロス・ウンベルト・レジェス氏は、選挙をボイコットすると発表し、クーデターに関与していないすべての候補者へ選挙に参加しないよう呼びかけた。民主的統一党も選挙に参加しないと発表。現時点で選挙キャンペーンを行なっているのは、エルビン・サントス自由党候補と保守のポルフィリオ・ロボ国民党候補だけである。キューバの共産党機関紙グランマの報道。(Link)

Creative Commons License
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。