ベネズエラのインフレと給与上昇比較

インフレ対給与上昇グラフ

これは、ベネズエラのインフレーション(赤)と給与上昇(黄緑)の比較を表したグラフ。パーセンテージは、前年に比べてどの程度上昇したかを示す。2004年から現在までのデータで、2009年に関しては最初の6ヶ月間のデータを元に算定されている。データ元は、ベネズエラ中央銀行。

2008年は、特にインフレがひどかった年であるが、それ以外は給与上昇がインフレ率を上回っており、この期間を総合すると給与上昇がインフレ率を1.3%上回ることになる。(インカコーラニュースより)

Creative Commons License
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

広告

コメント / トラックバック2件 to “ベネズエラのインフレと給与上昇比較”

  1. パナマで働く人たちの賃金が50年間上昇し続けているようです…

    パナマ政府機関によると、労働者の収入が50年間増加し続けているそうです。 ■Histórico aumento al salario mínimo en 50 años >50年間増加、歅…

  2. インフレに物価統制…

    インフレに悩んでいるとは言え、強制的にやっても買い物に列ができるということは物資が不足しているはずなので、多くの人が欲しいモノを入手できず、何ら解決にもなっていない。逆に供給を増やせないものかと思うのだが、これは素人考えだろうか?…

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。