[ホンジュラス]8月下旬の世論調査結果(1/2)

テグシガルパの調査会社COIMEI&OPが行なった世論調査結果が公表された。この会社は、今年初め、政府によって公式に11月29日の大統領選挙の集計を任されている。調査は、18歳以上のホンジュラス人1470名に8月23日から29日までの間に実施された。

あなたは、6月28日のマヌエル・セラヤ・ロサレス大統領に対するクーデターに賛成しますか?
賛成 17.4%
反対 52.7%
無回答 29.9%
(無回答を除いた回答者のうち75%が反対している。)

ミチェレッティは、権力に留まるべきですか、それとも現政府から退くべきですか?
ミチェレッティは留まるべき 22.2%
ミチェレッティは退くべき 52.7%
無回答 17.7%

あなたは、マヌエル・セラヤ・ロサレスの共和国大統領職への復帰を支持しますか?
支持する 51.6%
反対 33%
無回答 15.4%

国全土におけるクーデターに対するホンジュラス抵抗運動によるデモ行進にあなたは賛成ですか、反対ですか?
支持する 45.5%
反対 41.8%
無回答12.7%

あなたは、軍と国家警察がホンジュラス抵抗運動に対して弾圧を行なっていると思いますか?
はい、弾圧がある 54.5%
いいえ、弾圧はない 21.8%
無回答 23.7%

ホンジュラス抵抗運動に対して軍と国家警察が行なっている弾圧をあなたは支持しますか?それとも非難しますか?
弾圧に反対 65.4%
弾圧を支持 8%
無回答 26.4%
(無回答を除いた回答者のうち89%が弾圧に反対している。)

マヌエル・セラヤ・ロサレス大統領を追放したクーデターを誰が推し進め、資金援助しましたか?政界、財界、軍部、あるいは外国資本のいずれがクーデターの背後にありましたか?
財界 16.8%
政界 15%
軍部 6.7%
国際資本 2.4%
上記のすべて 23.6%
上記のどれでもない 9.5%
無回答 26.8%

国内の出来事を知るのにあなたはどのラジオニュースを選びますか?
ラディオ・グロボ 23.4%
HRN 22.4%
ラディオ・アメリカ 13.7%
ラディオ・カデナ・ボセス 0.7%
地元局 10.3%
無回答 29.5%

マヌエル・セラヤ・ロサレス大統領に対するクーデターに関して国内で起こっていることを知るために、あなたはどのテレビニュース番組を選びますか?
チャンネル36コルサト 18%
チャンネル6 16.9%
TNS 15.7%
アブリエンド・ブレンチャ 10.7%
アブレ・コモ・アブラ 7.8%
TVC 7.3%
オンセ・ノティシアス 3.7%
地元チャンネル 9.5%
無回答 11.4%

ホンジュラス人の53.9%が日刊紙を読み、国内の出来事について知るのに55.2%が新聞メディアを選んでいる。その中で以下の設問。

マヌエル・セラヤ・ロサレス大統領に対するクーデターに関して国内で起こっていることを知るために、あなたはどの新聞を選びますか?
ラ・プレンサ 22.6%
ラ・トリブナ 12.2%
ティエンポ 9.9%
エル・エラルド 9.3%
エル・リベルタドール 1.2%
(クーデター前まで、サンペドロスーラの日刊紙ティエンポは、全国第4位であったが、クーデター後エル・エラルド紙(テグシガルパ)を抜いて3位になっている。上位4紙の中でティエンポ紙のみがクーデターに反対する立場をとっている。)

この記事は、ジャーナリストのアル・ジオダーノ氏のブログを元にしている。
スペイン語の調査結果のPDFは、こちら

Creative Commons License
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。