[ホンジュラス]セラヤ宣言

ホンジュラスのマヌエル・セラヤ大統領は以下の声明を発表した。News of the Restlessの英訳からの日本語訳。スペイン語の原文は、こちら

ホンジュラス共和国大統領
宣言

ミチェレッティ氏がホンジュラス国民と国際社会に対して行なっている嘲りと侮辱、対話のボイコットとそれを勝手に権力の座に居座り続けるための延命措置に使っていることを前にして、我々はここに宣言する:

  1. 我々は、このクーデターの合法化のために人民の権利を明け渡すつもりはない。
  2. 我々は、社会の軍事化とホンジュラス大統領を軍の長とすることを受け入れない。
  3. 我々は、我々の制度の軍事化と我々の盗まれた民主主義を許すつもりはない、なぜならばそれは社会の究極の財産であり、ラテンアメリカで三番目に貧しい経済の問題に立ち向かう唯一の方法であるからである。
  4. 我々は、大きな政治選挙不正のために、人権の永続的侵害、市民の自由の停止、チャンネル36、ラディオグロボといったメディアの停止と押収に警告する。

よって我々は以下を決議する:

  1. 事実上の政権に対抗する商業的、経済的対策を強める目的でOAS(米州機構)メンバーと即時会合すること。
  2. 我々は、抵抗運動とクーデターを非難する候補者、セサール・アムとカルロス・H・レジェスに対して、選挙過程とその欠陥、そして事実上の政権が準備している不正に即時、率直に意見を述べることを呼びかける。
  3. 我々は、人びとに参加を呼びかけ、この決議を順守するために必要な対策を取る。
  4. 我々は、抵抗運動に可能な限り早く人民のための勝利を獲得し、この独裁を破滅させるまで堅固にとどまるよう呼びかける。

我々の国、抵抗運動、そして独裁者の敗北へ
ホセ・マヌエル・セラヤ・ロサレス・ホンジュラス大統領政府
2009年10月16日 テグシガルパ

————————
その他のニュース
10/15 警官の弾丸によって負傷していたINFOP労働者組合の議長であるハイロ・サンチェス氏が、10月15日の昼12時、テグシガルパで死亡した。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。