[ホンジュラス]事実上の政府、1月分給与支払えず

1月7日Honduras Coup 2009

今日、事実上の政府のガブリエラ・ヌニェス財務相は、現在1月に政府職員へ支払う十分な財源を入手できないと発表した。すべては資金繰りに要約される。ヌニェスは、およそ4億レンピラは入手可能であるが、総額でおよそ15億レンピラ必要であると述べた。また政府は、医療用品分の4億5千万レンピラを含めて納入業者への多額の債務がかさんでおり、更に道路建設・舗装請負業者に70億レンピラ借りていると言及した。ヌニェスは、事実上の政府は、職員への支払いを優先し、債権者はとにかく待たなければならないだろうと述べた。売上税の支払いが1月半ばに入れば、政府が職員へ支払う分は十分あるかもしれないとヌニェスは考えている。ミチェレッティは以前、3月まで十分な財源があると断言していた。

翻訳:Valparaíso

1レンピラ=5.01円(2010年1月8日現在)

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。