[ハイチ]おすすめ記事

日本ラテンアメリカ協力ネットワーク(レコム)のブログ記事より

■ハイチ地震 侵略のための無秩序戦略 ホセ・ルイス・ビバス

1月12日にポルトープランスを襲った地震は、ハイチへの幾度目かの軍事的侵出と占領を正当化する格好の口実を提供した。ハイチは2004年からすでに占領されていたが、今や、どのような仲介もなしに主要勢力によって直接占領されることになった。占領の政治的戦略的な動機には事欠かない。同時に、現在の占領の主要な仲介勢力であるブラジルを牽制することにも役立つだろう。というのは、ブラジルは、ハイチで良い活動をしているが、ホンジュラスのクーデターの時のようには動いていないからだ。

つづきはこちら

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。