[ホンジュラス]国際社会への呼びかけ

以下Quotha.netより

ロス・ネシオスの友人たちへ

国際社会へ緊急の呼びかけ
抵抗運動への暗殺と迫害続く

2月15日-フリオ・フネス・ベニテス…暗殺。SITRASANAA労働組合委員。コマジャゲラ市でタクシーに乗った正体不明の4人の男に顔と胸を撃たれた。

2月12日-エルメス・レジェス…シグアテペケでパラミリタリーにより拷問と殴打を受けた。

2月12日-ポルフィリオ・ポンセ…警官と確認された男らが彼の家へ乱暴に押し入り、たくさんの所持品を壊し、パソコンを奪った。

2月9日-エドガー・マルティネス、カロル・リベラ、メリッサ・リベラ、ホアン・マルティネス…誘拐され、激しく殴られた。メリッサは暴行を受けた。2月12日に解放される際、この経験はぺぺ(現ホンジュラス独裁者)からの意思表示だと告げられた。

2月3日-ヴァネッサ・ジャミレス・セペダ…ホンジュラスで暗殺された27歳の組合リーダーで母親、看護師。

この媒体を通じて、ホンジュラス人民に対し継続されている暗殺、拷問、弾圧を公けに非難するため、私たちは国際人権組織、社会・政治組織、ホンジュラス人民と連帯する人びとへ緊急の呼びかけを行なう。

私たちは、すべての責任を独裁政権首領のぺぺ・ロボ、オスカル・アルバレス公安相、陸軍首脳部、そして独裁政権を支持し続けるアメリカ政府に負わせる。

私たちの役目は、ホンジュラス人民のたたかいと軍・民独裁政権によって行なわれた継続される人権侵害を世界の認識を維持することである。このニュースレターを転送、あるいは私たちのメーリングリストへ人びとを加えることによって私たちを支援してください。

Los Necios(ロス・ネシオス)
2010年2月15日
テグシガルパ

www.losnecios.com

translated by Valparaíso

殺害されたヴァネッサ・セペダ

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。