[ハイチ]キューバとALBA、直接復興支援

136カ国が参加した国連でのハイチ支援国会議では、59カ国が2年以内に総額53億ドル、10年で99億ドルの支援を行なうことを約束した。米国は、11.5億ドル、ヨーロッパ諸国は16億ドルの支援を行なう。

米州ボリバル同盟(ALBA)の8カ国は、6年間で24.2億ドルの支援を発表。その大部分は、ベネズエラが支払うという。

小児科学が専門で、米国のキューバ連帯運動に参加しているW.T. ホイットニー・ジュニア氏は、以下のように伝えている。

具体化されたハイチ復興委員会は、国連ハイチ担当特使のビル・クリントンとハイチのジャン=マックス・ベルリーヴ首相が議長を務める。それは、世界銀行によって監督される。メンバーには、ハイチ当局者と1億ドル以上寄付した国の代表が含まれる。

ALBAは、世界銀行が主導する復興に強く反対した。国連の制度を利用するよりも、ベネズエラはハイチへ直接送る資金と、住宅、インフラ整備、教育、農業、保健を提供するサービスに支援を分ける。キューバも、のどから手が出るほど必要とされている保健サービスを提供する。

haiti-cuba-venezuela> analysis 経由、People’s World より)

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。