ベネズエラが日本やインドなどと新たな石油契約

ベネズエラがインド、日本、スペイン、米国と400億ドル石油契約に署名

オリノコ石油地帯(出典:ウィキペディア)

文/Kiraz Janicke – Venezuelanalysis.com
2010年5月12日-カラカス

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、水曜日、2つの共同ベンチャー企業を創設するために、インド、日本、スペイン、米国の石油会社との契約に署名した。これらの企業は、同じくベネズエラに400億ドルを投資する。

オリノコ地帯東部の油田を開発する共同ベンチャー企業ペトロインデペンデンシアとペトロカラボボ設立のための署名式典は、カラカスの石油公社ペトロレオス・デ・ベネズエラ(PDVSA)の本社で、ラファエル・ラミレス・エネルギー石油相、ホルヘ・ヒオルダニ経済・財務相、PDVSAのエウロヒオ・デル・ピノ開発・製造担当副社長、そしてベネズエラ石油社(CVP)のペドロ・レオン理事が出席して執り行なわれた。

デル・ピノは、新しく創設された共同ベンチャーは、2016年に合計で1日あたり80万バレル生産すると試算した。

CVP(60%)、レプソル(11%)、ペトロカラボボ・ガンガ(11%)、PCベネズエラ(11%)、インドイル(7%)で構成されるペトロカラボボは、カラボボブロック1で操業する。

CVPは、ペトロインデペンデンシアの60%の所有権を有し、シェブロン34%、日本カラボボ5%、そしてスエロペトロールが1%を持つ。ペトロインデペンデンシアは、カラボボブロック3で操業する。

各共同ベンチャーは、2010年末までに1日あたり5万バレル、2016年までには40万バレルを生産し始めると見込まれており、ベネズエラの重油の質を向上させるために2つの製油所の建設とアラヤに石油パイプラインの建設が予定されている。

これらの企業は、2月にオリノコでPDVSAとともに掘削する契約を獲得した。

エネルギー石油省は、カラボボブロック2を「戦略的パートナーシップ」のために開くかどうか考慮している。

先週、ベネズエラはまた、中国の開発銀行と200億ドルのローン契約に署名し、CNPC(中国石油天然気集団公司 )もまた、オリノコ石油地帯のフニンブロック4での重質原油を開発する160億ドルの計画で少数所有権を獲得した。

フニンブロック4計画もまた、2016年までに1日あたり40万バレルを生産すると見込まれる。

記事元/http://venezuelanalysis.com/news/5355
transaltion by Caracas Café

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。