[ハイチ]警官の暴行、米兵や国連軍兵士は無視

ハイチの地震から6ヶ月が経ったが、いまだに復興のメドが立っていない。そんな中で、ブラジル人フォトグラファーのアンドレ・リオンが、ハイチの警官が市民へ暴行を加えているところを捉えたビデオを公表した。そして、その暴行が行われているにもかかわらず、何もしない米兵や国連軍兵士も映し出されている。ビデオでは、ハイチの私服警官が、うつぶせに寝かされたハイチ人男性に対して暴行を加えているのを、これを撮影しているフォトグラファーが制止しようとするが、警官は無視してその男性を殴り続けている。一方で周りにいるはずの米兵や国連軍兵士はそれを止める気配も見せていない。人道支援よりも治安を重視している米軍がいったいハイチで何をやっているのか、その役割が疑問視される。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。