ブラジル大統領選、与党候補リード広げる

IBOPEとO Globoの世論調査によると、10月3日のブラジル大統領選に向けて、与党労働党のジルマ・ルセフ候補が39%でトップ。第2位は、34%で保守系のホセ・セラ候補。7月3日の調査では、両候補ともに34%であったため、ルセフ候補が少しづつリードを広げている状況だ。

また、第3位は緑の党のマリア・シルバ候補で7%。無効回答が7%、まだ決めていないのは、12%であった。

IKNより)

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。