ベネズエラのテレビ選挙CMの比率

ベネズエラの国民議会選挙のキャンペーンが始まっているが、中央選挙委員会(CNE)の調査によれば、テレビCMを使った選挙宣伝は、75.4%が反チャベス派、24.6%がチャベス支持派によるものだという。

CNEは、国営放送局のVTVとTVES、そして民間の主な4局、グロボビジョン、ベネビジョン、テレベン、メリディアーノTVについて、選挙CMを秒単位で計測した。

ベネズエラの国民議会選挙は、比例代表制で165議席をめぐってたたかわれる。現勢は、与党ベネズエラ統一社会主義党(PSUV)が139議席、チャベス支持派全体でほぼ100%を占めており(前回05年選挙では、反対派が選挙をボイコットした)、議席を減らすであろうが今回の選挙戦でもPSUVがリードしている。

(8月31日付・venezuelanalysis.comより)

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。