エクアドルでクーデター未遂

南米エクアドルで、警察と兵士の一部がラファエル・コレア大統領に対するクーデターを起こした。警察と兵士は、空港とその周辺の幹線道路を封鎖し、コレア大統領は、催涙ガス攻撃を受けてに警察病院に運ばれるが、その病院が警察によって取り囲まれた。軍と市民が大統領の救出に向かい、警察との銃撃戦の末、軍が大統領を救い出した。

以下は、中東カタールのテレビ局アルジャジーラ(英語版)のリポート。

その他、このクーデターに関するニュースは、ツィッターに随時載せている。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。