ハイチ首都でコレラ発生

トラックにスピーカーを載せ、公衆衛生の告知を行なう(写真/melindayiti)

文:アンゼル・ハーツ

ポルトープランス-2010年10月24日(IPS)-ハイチの郊外アルティボニテ地域でコレラの感染が始まり、少なくとも200名が死亡してから数日後、現在慌しいハイチの首都で5件の確認されたコレラの症例がある。

IPSが得た「重要な連絡」と題するハイチの平和維持活動によって回された伝言によると、症例は「流行の拡大を意味しない」、なぜならそれらはハイチ中部で感染したからであった。

「コレラの症例が取り上げられ、非常に早く対処されたという事実は、我々が設置している流行管理のための報告体制が機能していることを示す。」と結んでいる。

首都の住民は、それほど安心していない。

「人びとが死んでいる、もちろん怖い。私たちは死のすぐそばにある。」と、1月の地震でホームレスとなった130万人のひとりで、いまだ仮設居住地に住んでいる25歳のボードー・ルニスは、マイアミ・ヘラルド紙に語った。

ラジオ・ブクマンは、コレラが大打撃を与えるかもしれない汚染され、ゴミだらけの貧しいスラムのシテ・ソレイユの中心にある。

コレラが関係する死亡者の報告が初めて出てから4日後の土曜日、放送局は、当局から放送用の公衆衛生の伝言を何も受けていないとプロデューサーのエドウィン・アドリエンは、IPSに語った。

付近の破れたテントの小さな荒廃した仮設収容所では、輝く貯水槽はレンガで支えられている。

テント村の住民は、彼らの家々に損害を与えた1月の地震から9ヶ月以上たった、先週、国際移住団体によって設置されたと述べた。

しかし、どこの組織も給水していないため、中は空だ。

「飲料用の処理された水が必要です。」とシャルロットという若い男性がIPSに対し、事も無げに言った。

汚染された水や食料によって感染するコレラは、首都をはるかに超えて広がる可能性がある。

米州保健機構によると、ハイチの北と南の県で疑いのある病例がある。全部で少なくとも2600人がその病気にかかっている。

ポルトープランスから車で30分のラフィトー(Lafiteau)で、ピエール・デュバル医師は、町で唯一の病院で2人のコレラに感染した男性の状態を安定化させたが、6名以上の更なる患者を診ることはできないと語った。

その患者全員が、流行の中心部に近いサンマルクからやって来た。

サンマルクの主な病院は、感染者で占められている。

米国人医師のリアン・ロバーツが、急いでポルトープランスから到着した金曜日には、経口補水塩の供給はまばらだったとIPSに語った。

「我々が最初に話した国連のある女性は、『ああ、私は会議に行かないといけない、あなたの名前を伝えておくけれど、明日もう一度来て』と我々に言った。」と彼は述べた。「運営上の物流のこれら細かいことは、ただ彼らの領域を超えている。」

ロバーツは、国境なき医師団のチームが、すぐに彼の能力を発揮できるよう手配したと述べ、次のように付け加えた、「[国連は]非常に頭でっかちの官僚機構なので、すぐに雪だるま式に大きくなって地域中に広がるこのような小さな発生に対して、効果的に対応できない。」

ハイチの病気に襲われた中部地域とポルトープランスを結ぶほこりの舞う幹線道路では、人びとを載せたバスやタプタプ(ハイチの乗り合いタクシー)が、上下線ともに飛ばしていた。

都市の近くには、検問所や移動制限のかけらもなかった。

ハイチ政府の水・公衆衛生省によって開かれた金曜日の会議では、「学校や交通ルートの閉鎖に関連した話し合いがあった。」と避難所で堆肥化トイレを設置する団体SOILの副理事であるニック・プレネタは述べた。

「しかしそれが現在の話し合いなら、最初の確認された症例から何時間も後で、もう遅すぎる。」と彼は続けた。

「提案のひとつは、交通の中心部での公衆衛生教育に集中することだった…会議では、頭を使わなくてもいいようなことがたくさんあった。」とプレネタは言った。

コレラのバクテリアは、最大5日間の潜伏期間後、命にかかわる下痢や嘔吐を引き起こすが、潜伏期間中に健康に見える人びとが移動し他の人々を感染させることもあり得る。

医療組織の保健パートナーズは、それをきれいな水を得ることができないことによって起こる「貧困の病気」と呼ぶ。

米農家には「パンのバスケット」として知られるハイチ中部を流れるアルティボニテ川は、最近の豪雨と洪水後、流行の推定原因と見られている。

アナリストたちは、地域の農業経済が何年ものハイチへの安い米国産米の輸入によって大打撃を与えられていると言う。

Source: Mediahacker
Translation by Caracas Café

広告

コメント / トラックバック1件 to “ハイチ首都でコレラ発生”

  1. […] This post was mentioned on Twitter by masaki kuwada, CaracasCafé. CaracasCafé said: 駐ハイチ米国人フリージャナリストのコレラ流行に関するレポート: http://wp.me/paGaH-p0 […]

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。