ベネズエラがソマリア支援

2011年7月28日

ソマリア行き輸送機への積み込みを手伝うベネズエラの民間人と軍人(Agencies)

ベネズエラ政府は、水曜日、ここ数十年で最悪の食糧危機がおそうソマリアへ50トンの食糧支援を行なった。保存食や、飲料水、乳児用の食品、穀物に加え、500万米ドルの国際支援を同国に対して行なうという。Venezuelanalysis.comの報告。

国連は、先週、アフリカの角と呼ばれるこの地域で、最悪の食糧危機のひとつが起こっており、およそ1200万人が影響を受け、78万人の子どもが飢餓の危険にさらされているとして国際社会に援助を求めた。ベネズエラのソマリア支援は、これに応えたもの。

食糧・資金援助に加え、ベネズエラ政府は、技術訓練の提供と食糧生産の向上のためにベネズエラ人技術者と農業専門家のチームを来週にも同国に派遣する計画だ。

また、与党ベネズエラ統一社会主義党(PSUV)は、全党員に対して1日分の給与をソマリアへ寄付しようと呼びかけている。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。