Archive for the 対米関係 Category

南米各国の軍事費比較

Posted in 軍事, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , , , , , , on 2010/04/17 by CC

今月初めにロシアのプーチン首相がベネズエラを訪問したが、アメリカの大手メディアはベネズエラの「軍備増強」と騒ぎ立てた。

しかし今回のプーチン訪問で新たな軍事関連の二国間合意はなく、2006年に結ばれた契約の下で、ベネズエラがロシアからMi-17ヘリコプター4機とT-72戦車を90台以上購入したのみである。

そもそも米国は、ベネズエラへの軍事兵器売却を2006年から禁止しており、ベネズエラは新しい兵器の購入はおろか現在保持している米国製兵器のアップグレードもできないため、ロシアとの軍事契約を結んでいる。(米国の技術が入っていれば、第三国からの兵器購入もできない。)
実際、ベネズエラで軍備は増強されているのだろうか?下のグラフはストックホルム国際平和調査機関(the Stockholm International Peace Research Institute)のデータを元に作成された南米諸国の国民一人当たりの軍事費の比較である。
南米国民一人当たりの軍事費グラフ

(Structurally Maladjustedより)

単位は米ドルで、2005年の為替レートを元に計算されている。国は左から、チリ、コロンビア、エクアドル、ウルグアイ、ブラジル、ベネズエラ、アルゼンチン、ボリビア、ペルー、パラグアイ。赤が1998年、青が2008年の値である。

広告

[ホンジュラス]軍事クーデターと社会変革(3/3)

Posted in ホンジュラスクーデター, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , on 2010/03/30 by CC

ホンジュラス人民抵抗戦線のメンバーで、政治組織「ロス・ネシオス」の政治編隊書記のヒルベルト・リオスの講演の最終回。

———————————————

クーデターは、SICA(中米統合機構)にとって後退だったか?

軍事クーデターは、諸国間の真の関係を明らかにするのを助けた。統合は、作り話だった。作り出された資本金額は、オリガルキーのためであって国々のためではなかった。すべて地政学的に見ると、米国に更なる軍事的存在を与えていることが分かる。米国は、ハイチに1万人の兵士を送った。米国は、戦争を通じて彼らの経済危機を解決することを助けている。

我々はみな帝国主義に反対する努力をすべきだ。我々は、世界のどこからでもそれをすることができるし、個人の努力として始め、そして最終的には組織に行き着くことができる。我々は、資本主義の真っ只中で単に消費者として生活し続けることはできない。

例としてキホーテセンターと彼らのホンジュラスの人権侵害を証明するために代表団を送る働きに言及して、推奨を行なった。

ニカラグアに住んでいるものとして何ができるか?

最も重要なことは、人びとに軍事クーデターについて知らせ続けることだ。私は、私の組織の財政を担当していない、しかし我々にはカネを要求しないという方針がある。我々は、10年にわたって存続しており、メンバーからのみ資金を受け取る。全員が自らの信義に従って貢献すべきだ。もし10人の政治亡命者がホンジュラスから来れば、私はあなたたちに彼らを助けるよう頼まないだろう、あなたたちはただそうすべきだ。後ほど亡命者たちについての情報を配付する。

我々の名称ロスネシオス(問題児たち)は、シルビオ・ロドリゲスの歌に由来する。

あなたがホンジュラスへ戻ることができるようになるためには何をしなければならないか?

ある日人びとが抵抗運動へ銃を提供するために私の家に来た。彼らは、私についてたくさん知っていた、銃を提供するため私に電話をかけ続けた。私は、殺しの脅迫を受け始めた、だから脅迫が止まるまで武装しない限り私は戻ることはできない。

ミチェレッティとピノチェトの料理本のようだ。ノーベル平和賞をキッシンジャー、アリアス[コスタリカ大統領]、そしてオバマに与えるようなことだ。

エルサルバドルのロケ・ダルトンは、「軍隊のトラックが通り過ぎる」という詩を書いた。

「彼らが軍隊なら、なぜ彼らは武装しているのか?力だけが武器の中に存在する。武装するという単語は、ウェスティングハウス冷蔵庫のように組み立てられることを意味するのか?兵士は、安い労働力か?ラテンアメリカの軍は、米軍だ。」

ラテンアメリカであることは危険だ。帝国主義は、その制度を維持するために更なる支配を必要とする。もし世界市民のすべてが米国市民のように暮らすのであったら、我々には地球が5つ必要だろう。米国社会は、手にすることができるすべての資源を要求する。それは社会ダーウィン主義だ。

ここへ来て、私の話を聞いてくれてありがとう。ホンジュラスとあなた自身の国へのあなたの興味を目覚めさせることを望む。

Quotha.netより。
translation by Caracas Café

[ホンジュラス]軍事クーデターと社会変革(2/3)

Posted in ホンジュラスクーデター, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , on 2010/03/29 by CC

ホンジュラス人民抵抗戦線のメンバーで、政治組織「ロス・ネシオス」の政治編隊書記のヒルベルト・リオスの講演のつづき。

———————————————

質疑応答

あなたは、ホンジュラスはラテンアメリカで最も二極化していない国だと言った。現在でもそれは当てはまるか?

政治的見地からいえば、そうだ。しかし思想的立場からすれば、そうではない。左派、中道、そして右派でさえ多くの人びとがクーデターに反対した。

クーデターは、最終的にホンジュラスの運動にプラスとなったか?

私の組織を例にとってみよう。我々は、1999年に設立し、メンバーが100人を超えたことはなかった。我和えは多くの取り組みをした、しかし100人以上になったことはなかった。クーデター後の現在、1000人以上のメンバーがいる。ホンジュラスでは、右翼が1000年以上権力を握ることができたかもしれない。今ではたぶん10年だけだろう。

米国大使館の連中は、軍事化するために抵抗運動へ武器の提供を申し出た。誰も我々が200日間平和行進できるとは考えなかった。死人を出さないための戦略だった。

クーデター前には、我々に骨はあったが、肉はなかった。今、我々には身体全体がある。
つづきを読む

[ホンジュラス]軍事クーデターと社会変革(1/3)

Posted in ホンジュラスクーデター, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , on 2010/03/28 by CC

これは、ホンジュラス人民抵抗戦線のメンバーで、政治組織「ロス・ネシオス」の政治編隊書記のヒルベルト・リオスの講演を翻訳し活字化したものである。講演は、2010年1月21日、マナグア[ニカラグアの首都]のカサ・ベン・リンデールで行なわれた。カサ・ビン・リンデールは、主に英語を話す国際主義者向けに週に1度の会合を主催している。

2010年1月21日
講演: ヒルベルト・リオス

私は、ニカラグアに1ヶ月住んでいる。現在、政治的迫害のため、100人以上の亡命ホンジュラス人がいる。国際メディアは、それについて全く何も載せていない。

ホンジュラスがこれに関わったことは異例で、なぜならホンジュラスは、ラテンアメリカの典型的な「優等生」であるからだ。ホンジュラスは、グアテマラのハコボ・アルベンスの転覆の時、80年代のニカラグアのコントラのため、米国のグレナダ島侵略の時に基地として貢献し、イラクへも派兵した。ホンジュラスは、最も政治的に二極化していないラテンアメリカの国であった。

左翼政党は、過去10年間、ホンジュラスの社会運動に参加している。セラヤは、右翼政党から2006年に権力の座に就き、彼の政権は社会運動を弾圧し始めた。セラヤはその時、国が1つの社会階級によって誘拐されていたことに気づいた。ホンジュラス経済の90%は、10の一族によって支配されている。これは、資本主義の下でさえ発展を妨げる。
つづきを読む

クリントンの中南米歴訪

Posted in 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , , , , , on 2010/03/18 by CC

このほど、ヒラリー・クリントン米国務長官がラテンアメリカ諸国の歴訪を行なったが、日本はおろかアメリカの大手メディアさえもほとんど取り上げなかったが、中南米と米国の関係を考える上で非常に重要な出来事である。以下は、このブログでも度々紹介しているワシントンの革新系シンクタンク「経済政策調査センター(CEPR)」のマーク・ワイズブロット氏の記事である。
———————————————————————

ヒラリー・クリントンのラテンアメリカ「被害対策」訪問

2010年3月9日
マーク・ワイズブロット
Source: The Guardian Unlimited

ヒラリー・クリントンのラテンアメリカ歴訪は、ジョージ・W・ブッシュがさっさと逃げ出すために予定より1日早くアルゼンチンを離れた2005年の訪問とほぼ同じくらいの成功を収めようとしている。主な違いは、クリントンは抗議行動参加者や暴動の出迎えを受けていないことだ。そのため、彼女のボスであるオバマ大統領が、彼の前任者の政策の継続にもかかわらず、この地域で維持できている肯定的なメディアイメージに、クリントンは感謝することができる。

しかし、クリントンは、少なくとも深刻な問題があることを認識し何を言わないかをわきまえていたブッシュよりもさらに外交的に不格好である。「ホンジュラスの危機は、成功裏の結末へ向かっている。」とクリントンは、ブエノスアイレスで述べ、「暴力なしに行なわれた。」と付け加えた。

これは、彼女を迎える側の傷に塩を塗りこむもので、彼らは昨年6月のメル・セラヤ大統領の軍による追放と、それに続くアメリカ合衆国の独裁政権の合法化の試みを失敗としてだけでなく地域全体の民主主義への脅威と捉えている。
つづきを読む

ラテンアメリカ、新機構発足

Posted in ホンジュラスクーデター, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , , , , , , , , on 2010/03/03 by CC

独立するラテンアメリカ、自らの組織を構築

2010年2月26日
by マーク・ワイスブロット
Source: The Guardian Unlimited

今週、ラテンアメリカは、32のラテンアメリカ・カリブ海諸国の新しい地域機構の創設でまた新たな一歩を踏み出した。アメリカとカナダは除外された。

ラテンアメリカ独立の高まりは、この地域だけでなく世界の他の国々にも影響を与え、過去10年間で最も重要な地政学的変化の一つとなっている。例えば、ブラジルはイランのウラン濃縮の権利を公然と支持し、イランへの更なる制裁に反対している。過去には米国の支配下にあったラテンアメリカは、自らの利益と政策を持って一勢力圏として次第に浮上している。

オバマ政権のこの地域におけるブッシュ元大統領の政策の継続は、暫定的にラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体と名づけられているこの新しい組織の創設を疑いようもなく拍車を掛けるのを助けた。最も重要なのは、昨夏ホンジュラスでメル・セラヤ大統領の民主政府を転覆した軍事クーデターへのオバマ・チームの曖昧さが、この地域全体に深い憤りと不信感を引き起こした。
つづきを読む

[ハイチ]干渉と搾取の歴史

Posted in ハイチ地震, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , , , , on 2010/01/26 by CC

ハイチ地震の被害は、なぜここまで広がったのか?ハイチの歴史的背景を理解していなければ、全体は見えてこない。以下は、アメリカの反戦団体「国際ANSWER」が地震直後に送信したメールニュースからの翻訳である。なお、ハイチの人びとへの連帯の言葉を述べている冒頭は省略している。

ハイチの人びとと連帯を

米国政府が言わないこと

このような時において、この惨事を政治的、社会的文脈に置くことも重要である。この文脈なしに、ハイチに直面している問題とそして最も重要なことであるハイチが生き残り繁栄できるようにする解決策の両方を理解することは不可能である。ヒラリー・クリントンは、本日、「それは聖書のような、ハイチとハイチの人びとを脅し続けている悲劇です。」と述べた。「神の行ない」をハイチの苦痛を全面的に責めるこの偽善的声明は、 この地域における米国とフランスの帝国主義の役割を隠蔽する。

このメールのメッセージの中に、私たちは、実際の文脈を構築するのを助けるハイチについてのいくつかの背景に関する情報を入れている。

ハイチのジャン=マックス・ベルリーブ首相は、本日、10万人のハイチ人が死んでいるかもしれないと述べた。国際メディアは、何千もの倒壊した建物からの瓦礫に囲まれた路上に沿って積まれている遺体について報道している。経済的損害の見積もりは、何十億ドルである。ハイチの大きな貧困地区の住民は、特にこの悲劇で強い打撃を受けた。

つづきを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。