III.10

第10章 義務 (130-135)

第130条「守護」
ベネズエラ人は、自分たちの国土の象徴と文化的価値を敬い守り、国の主権、国のかたち、領土保全、自決権、利益を守る義務がある。

第131条「憲法と法律の遵守」
全ての人は、この憲法と法律、その他人民権力の諸機関によって発布された法令に応じて従う義務がある。

第132条「社会的参加の義務」
全ての人は、民主的共存と社会平和の基礎としての人権を促進し守るために自らの社会的責任を果たし、国における政治、市民、地域生活に一緒に参加する義務がある。

第133条「金銭的貢献の義務」
全ての人は、公共の支出に対して法律で定められた税金、査定税額、寄付によって貢献する義務がある。

第134条「一般および軍事的奉仕」
全ての人は、法律に従って国の防衛、保護、発展に必要な一般的あるいは軍事的奉仕を行なう義務、または公の惨禍に関わる状況を処理する義務がある。どんな人も徴兵の対象にはならない。

全ての人は、法律によって割り当てられた選挙機能におけるサービスの表現の義務がある。

第135条「責務の優先性」
一般的社会福祉に対する国の責任を果たすために、この憲法と法律に従って国にかかる責務は各人の能力に応じた個人にかかる団結の道徳、社会的責任、人道的援助の責務を妨げてはならない。そのような強制が必要な場合においては、これらの責務を果たさせる適切な規定を法律で定めなければならない。どのような職業でも開業を望んでいるひとは、法律で定められた内容でもってある一定期間、定められた場所で地域奉仕(コミュニティサービス)をする義務がある。

返信する

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。