IV.05

第5章 行政連邦議会 (185)

第185条「行政連邦議会」
行政連邦議会(el Consejo Federal de Gobierno)は、地方分権と国家当局から州や地方自治体への権力委譲の過程を発達させるための政策や行動を企画、調整する役割の機関である。それは、法律に従い、副大統領を長とし、閣僚、知事、各州から1名の市長、組織された社会の代表によって構成される。行政連邦議会は、副大統領、閣僚2名、知事3名、市長3名で構成される事務局を設ける。行政連邦議会は、あらゆる公的な地方組織の発展政策や発議、特に比較的発展が遅れている地方や地域社会の事業計画やサービスの提供を支援するものの間で、地方の均一的発展、協力、補完を促進するという視点での公的投資へ融資する目的を意図した域内補償基金として知られる従属関係を保持している。地域間不均衡に基づいた行政連邦議会は、毎年、域内補償基金へ配分される財源やこれらの財源が充てられる優先的投資分野を議論し承認する。

返信する

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。