イラン のアーカイブ

クリントンの中南米歴訪

Posted in 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , , , , , on 2010/03/18 by CC

このほど、ヒラリー・クリントン米国務長官がラテンアメリカ諸国の歴訪を行なったが、日本はおろかアメリカの大手メディアさえもほとんど取り上げなかったが、中南米と米国の関係を考える上で非常に重要な出来事である。以下は、このブログでも度々紹介しているワシントンの革新系シンクタンク「経済政策調査センター(CEPR)」のマーク・ワイズブロット氏の記事である。
———————————————————————

ヒラリー・クリントンのラテンアメリカ「被害対策」訪問

2010年3月9日
マーク・ワイズブロット
Source: The Guardian Unlimited

ヒラリー・クリントンのラテンアメリカ歴訪は、ジョージ・W・ブッシュがさっさと逃げ出すために予定より1日早くアルゼンチンを離れた2005年の訪問とほぼ同じくらいの成功を収めようとしている。主な違いは、クリントンは抗議行動参加者や暴動の出迎えを受けていないことだ。そのため、彼女のボスであるオバマ大統領が、彼の前任者の政策の継続にもかかわらず、この地域で維持できている肯定的なメディアイメージに、クリントンは感謝することができる。

しかし、クリントンは、少なくとも深刻な問題があることを認識し何を言わないかをわきまえていたブッシュよりもさらに外交的に不格好である。「ホンジュラスの危機は、成功裏の結末へ向かっている。」とクリントンは、ブエノスアイレスで述べ、「暴力なしに行なわれた。」と付け加えた。

これは、彼女を迎える側の傷に塩を塗りこむもので、彼らは昨年6月のメル・セラヤ大統領の軍による追放と、それに続くアメリカ合衆国の独裁政権の合法化の試みを失敗としてだけでなく地域全体の民主主義への脅威と捉えている。
つづきを読む

広告

クリントン:ベネズエラ「孤立化」効果なし

Posted in 国際, 対米関係 with tags , , , , , on 2009/04/26 by CC

米国のベネズエラ「孤立化」効果なし、とクリントン

Venezuelanalysis.comニュース(訳)
April 24th 2009, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2009年4月24日

ヒラリー・クリントン米国国務長官は、水曜日、過去8年間の米国によるベネズエラのウーゴ・チャベス大統領孤立化政策は失敗していると述べた。

「チャベス関係は…8年間のチャベス孤立化の結果です。そして、これがとてもうまくいっていると私たちが確信していると思わない…私たちの考えは、もしそれがうまくいっていないのなら、なぜそれを続けるのでしょうか?他に何が可能であるか考えてみましょう」と4時間におよぶ米下院での外交政策公聴会の中で、クリントン国務長官は述べた。

続きを読む

チャベス、オバマの核廃絶宣言を支持

Posted in 石油, 経済, 対米関係 with tags , , , , , , , , on 2009/04/17 by CC

他の核保有国からは冷ややかな反応とも伝えられている、オバマ大統領の核兵器廃絶宣言であるが、これを「反米」のチャベス大統領が支持をしたというニュース。これは先週の記事なので日付に注意。曜日などは原文をそのまま翻訳。

ベネズエラのチャベス、オバマの核廃絶宣言に支持表明

Venezuelanalysis.comニュース(訳)
April 7th 2009, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2009年4月6日-メリダ

チャベス

「多極化世界」の創設を目的とした外遊中に、ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、アメリカのバラク・オバマ大統領の核廃絶の呼びかけへの支持を表明し、近づく米州サミットが米国とベネズエラの外交関係を「リセット」する機会を与えることを望むと語った。

写真:今週、東京でのチャベス大統領(ABN)

続きを読む

財務相:世界的危機でもベネズエラは堅固

Posted in 石油, 経済, 政治 with tags , , , , on 2009/03/04 by CC

Venezuelanalysis.comニュース(訳)
February 26th 2009, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2009年2月26日-メリダ

ロドリゲス

ベネズエラのアリ・ロドリゲス財務長官は、水曜日、石油価格が現在のレベルを保てば、少なくとも3年間は、世界金融危機にかかわらず、ベネズエラは強い立場にあり、来月(2009年3月)の石油輸出国機構(OPEC)会議で石油の更なる減産を提案すると述べた。

「他国と比べて、ベネズエラは危機と対峙するのにかなり良い状況にある、しかし我々が危機の影響を受けていないということではない」とロドリゲス長官は、テレビインタビューで語った。「我々は、大きな犠牲もなく3年間は、経済を維持できる。」

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。