ウリベ のアーカイブ

コロンビアの対ベネズエラ貿易黒字

Posted in 経済, 中南米 with tags , , , on 2010/08/17 by CC


上のグラフ(クリックで拡大)は、2000年から2010年までのコロンビアの対ベネズエラ貿易黒字を表したものである(単位は、百万米ドル)。10年の数字は、前半6ヶ月間のものである。

グラフを見ればわかるとおり、コロンビアは、ベネズエラとの貿易で毎年黒字を出しているのである。逆に言えば、ベネズエラはコロンビアとの貿易で毎年赤字を出していることになる。

2010年は、コロンビアとベネズエラの関係が悪化し、チャベス大統領が貿易を制限したため、コロンビアの黒字の落ち込みが激しくなっている。関係が更に悪化すれば、どちらの国により大きな経済的損失をもたらすか一目瞭然である。そのため、ウリベ前コロンビア大統領によって緊張が高まっていた両国の関係を早く回復したいとサントス新大統領が思っていたとしても不思議ではない。

(Source: IKN)

[コロンビア]裁判所、ウリベの再選国民投票に違憲判断

Posted in 中南米 with tags , , on 2010/03/01 by CC

コロンビアの憲法裁判所は、26日、アルバロ・ウリベ大統領の2度目の再選を目指す大統領選挙へ立候補することを可能とする憲法改定国民投票法を、7対2で「違憲」という判断を下した。元々コロンビアの1991年憲法では、大統領の再選自体禁止されていたが、2006年にウリベは国民投票で一度に限り再選を可能にさせていた。この判断により、大統領は2度目の再選を目指して選挙へ出馬することができないだけでなく、元大統領も再び大統領選に出ることができないことを明確にした。憲法裁判所は、違憲の理由について、2009年に政府が作り上げた国民投票法は、それが承認された過程が憲法に定められた手続きに従っておらず、そのためこの法律自体が違憲であるとした。

これによりウリベは、今年5月30日の大統領選挙に出られなくなり、ウリベ陣営は急遽、元国防相のファン・マヌエル・サントスを候補者として登録すると発表した。

(参考資料)

(ニュース)中南米、コロンビアの攻撃を非難

Posted in コロンビア紛争, 国際 with tags , , , , , , , , , , , , , , , on 2008/03/05 by CC

Venezuelanaysis.comニュース(完訳)
2008年3月3日-カラカス-
March 3rd 2008, by James Suggett Venezuelanalysis.com

エクアドルのコレア大統領ラテンアメリカの政府と地域組織は、エクアドルの国家主権と地域の統合を支持することを宣言し、そしてコロンビア革命軍(FARC)のトップレベルの指導者で外交官であるラウル・レジェスを含め、16人の反乱軍の死者を出した土曜日早朝のエクアドル領内でのFARCに対するコロンビア軍による攻撃を大いに非難した。

エクアドルのラファエル・コレア大統領は、日曜日、「彼らが我々の主権を侵していたという完全な良心でもって」コロンビアの「計画的空爆」とそれに続く60人のコロンビア歩兵によって突き進められた「受け入れられない侵略」があった今、エクアドルとの国際的連帯をテレビで訴えた。

写真上:コロンビア大使の国外退去を発表するエクアドルのラファエル・コレア大統領(AP)

続きを読む

ベネズエラ:革命に危険信号(2)

Posted in ボリバル革命 with tags , , , , , , on 2008/02/26 by CC

帝国主義者の攻撃

これを作り上げる試みで、国際的にチャベスを孤立させ、そして高まる新自由主義への反抗とベネズエラが先頭に立つラテンアメリカ統合の過程を弱体化させることを目的に、一新されたアメリカの攻撃が放たれた。

戦略の重要な部分には、ベネズエラと隣国コロンビアとの摩擦の火花をあおることが含まれている。右派のコロンビアのアルバロ・ウリベ大統領が、当初コロンビア革命軍[FARC](コロンビア最大の左翼ゲリラグループ)とコロンビア国家の間での可能な人質交換の交渉支援のためにチャベスを招待した後に、論争は起こった。

続きを読む

チャベス大統領:コロンビア紛争は武力なしで解決を

Posted in コロンビア紛争, 国際 with tags , , , , , on 2008/01/17 by CC

January 15th 2008, by Kiraz Janicke – Venezuelanalysis.com

記者と話すチャベス大統領2008年1月15日-カラカス-Venezuelanaysis.com

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、月曜日、コロンビアの和平は武力では達成できないという彼の考えを繰り返し、国際的仲介による紛争の解決を呼びかけた。コロンビア革命軍(FARC)とコロンビア政府との争いは、政治的解決が必要な政治問題である、とチャベスは語った。

写真上:グアテマラで記者らと話すベネズエラのチャベス大統領(Prensa Presidencial)

続きを読む

米国、人質解放でコロンビアのみ賞賛

Posted in コロンビア紛争, 国際 with tags , , , , , on 2008/01/13 by CC

ケーシー報道官2008年1月11日-カラカス

アメリカ国務省のトム・ケーシー報道官は、木曜日の記者発表でコロンビアの人質解放のニュースについて言及した。Venezuelanalysis.comによると、ケーシー報道官は、コロンビアのアルバロ・ウリベ大統領を賞賛したが、ベネズエラのチャベス大統領が果たした役割について、ジャーナリストらに追求されて初めて、「肯定的で、ウリベ大統領とコロンビア政府の努力を手助けする者は誰でも、チャベス大統領を含めて、歓迎だと思う」と述べた。

続きを読む

コロンビアの人質解放へ

Posted in コロンビア紛争, 国際 with tags , , , on 2007/12/23 by CC

12月20日-カラカス

Venezuela.comのKiraz Janicke氏は、コロンビア革命軍(FARC)が3人の人質をチャベス大統領に引き渡すことになったと大統領が明らかにしたと報道。

開放される人質は、コロンビアの元副大統領候補のクララ・ロハス氏とその息子エマヌエル、そしてコロンビアのコンスエロ・ゴンサレス・デ・ペルドモ上院議員。

コロンビア革命軍とは、チャベス大統領がコロンビアのピエダド・コルドバ上院議員とともに仲介役を務め人質の人道的解放を求めて交渉を進めていたが,11月21日にコロンビアのウリベ大統領がこの交渉を中断させた。このため両国の関係も悪化した。

記事によると、コルドバ上院議員は、もしウリベ大統領がチャベス大統領の仲介を中断させなかったら、「論理的に考えても少なくとも25人」は解放されていたと思うとワシントンでの記者会見で語ったと述べている。

人質であり、大統領候補としてロハス氏とともに選挙戦をたたかったイングリッド・ベタンクール氏の夫、ファン・カルロス・レコンプテ氏は、「もしチャベスの仲介が壊されなかったら、クリスマスまでに全ての人質が解放されたかもしれない」そして、「私たちは、チャベスがこれらの人びとの解放を実現するのに理想的な人物だといつも言っていた」とも語った。

記事URL: http://www.venezuelanalysis.com/news/3021


Creative Commons License

この記事は、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。