エクアドル のアーカイブ

CELAC創設:裏庭からの脱却

Posted in 中南米 with tags , , , , , , , , , , , , , on 2011/12/11 by CC

裏庭からの脱却:米政府に挑む新ラテンアメリカ・カリブ海ブロック

2011年12月7日
ベンジャミン・ダングル

TowardFreedom.com

たくさんのラテンアメリカおよびカリブ国家首脳が空港を出て、車パレードやホテルの部屋に入っていった時には、雨雲が緑豊かな山腹とベネズエラのカラカスを取り囲む貧困地域を包み込んだ。 首脳らは、アメリカ政府の力の範囲外で、民族自決を目指す新しい地域ブロックであるラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(CELAC)の設立サミットのために集まった。

特筆すべきことは、米国およびカナダの大統領は不在だったことだ。(両国とも招待されなかった) 米政府によるこの地域への干渉の口実として使われてきた1823年に作られた米国の政策のことを指し示し、ニカラグアのダニエル・オルテガ大統領は、CELACの設立について、「モンロー主義への死刑宣告だ。」と述べた。 実際に、CELACは、米国の影響力の強い米州機構(OAS)に替わり、ラテンアメリカとカリブ海の統合を強め、この地域自身によるより平等で公正な社会をつくる組織として、多くの参加大統領らによって推進されている。
つづきを読む

広告

2010年中南米におけるジャーナリスト死者数

Posted in メディア with tags , , , , , , , on 2010/12/31 by CC


プレス・エンブレム・キャンペーンによると、2010年、世界中で105名のジャーナリストが殺害された。ラテンアメリカでは、36名が亡くなっている。

上位から
メキシコ 14
ホンジュラス 9
コロンビア 4
ブラジル 4
ベネズエラ 2
アルゼンチン 1
エクアドル 1
グアテマラ 1

ベネズエラで、2名殺害されているが、これは両件ともに勤務時間外に車強盗に襲われたものだという。

Source: IKN

(エクアドル)我々すべてを弱体化させる非難

Posted in 中南米 with tags , , , , , on 2010/10/19 by CC

このブログでも取り上げたエクアドルのクーデターに関するエバ・ゴリンジャー氏の記事に対する反論文が、Upside Down Worldに掲載されていたので紹介する。

我々すべてを弱体化させる非難: CONAIEに対するエバ・ゴリンジャーの攻撃への返答

文/エクアドル連帯ネットワーク
2010年10月12日

9月30日、エクアドル国民は、ラファエル・コレア大統領の指導力を危機に陥れるように思われた警察の反乱を経験した際、世界中の人びとが、現地で何が起こっていたのか情報を集めるためにツイッターを使った。

優秀な弁護士で著述家のエバ・ゴリンジャー氏は、世界中の読者に対してエクアドルの彼女の情報源からのニュースのツイート(つぶやき)を立て続けに送った。

「気をつけて、ある特定の位置へ組織を傾ける米国当局によって資金を受けたCONAIEの連中がいる・・・」

彼女のツイートは、ラテンアメリカで最も力のある社会運動のひとつであるエクアドル先住民連盟(CONAIE)による声明の英語訳への反応だった。その声明では、CONAIEは反クーデターであり、またコレア自身が反乱の状況を作り出すのを助けていたという事実を指摘した。声明は、コレア政権がエクアドルの社会運動を攻撃し、非合法化していると指摘した。また、政府の「専制的性質」も非難した。
つづきを読む

エクアドルでクーデター?

Posted in 中南米 with tags , , , , , on 2010/10/14 by CC

2010年10月12日
文・クリスティン・ブリッカー

9月30日、およそ1千人のエクアドル国家警察官は、ボーナスや他の保障を廃止する新法への抗議で街頭へ繰り出し、主要交差点を閉鎖、公共の場を占拠した。

抗議行動に参加した警官は、4万2千人の警官隊のごく一部を代表していたが、事態は急激に手に負えなくなった。少数の下部層の空軍兵士が空港を閉鎖し、警察が議会を占拠、そして彼らは混成特殊部隊がコレアを救出するまで、大統領を病院の中に10時間以上人質とした。

警察の反乱は、伝えられているところによるとある一定の賞与を廃止し、多くの公務員を早期退職に追い込むエクアドルの公共部門の合理化を目的とした公共奉仕法の特定の部分の改定にコレアが個別条項拒否権を使用した後に始まった。大統領の個別条項拒否権は、国の2008年憲法の下で規定され、大統領は議会決定を覆すのによく使っている。
つづきを読む

エクアドルクーデターの裏側:ALBAへの攻撃

Posted in 政治 with tags , , , , , , , , , , , on 2010/10/05 by CC

10/2/2010

文:エバ・ゴリンジャー
英訳:Machetera

米州人民ボリバル同盟(ALBA)加盟国のひとつに対する最近のクーデターは、ラテンアメリカの統合と革命的民主主義過程の前進を妨げる企てである。ラテンアメリカでの右翼は攻撃を仕掛けている。2009年、マヌエル・セラヤ政府に対するホンジュラスでの成功は、右派を奮い立たせ、ラテンアメリカの人びとと革命政府に対する再度攻撃する力と自信を与えた。

ベネズエラでの9月26日日曜日の選挙は、ベネズエラ統一社会主義党(PSUV)の勝利である一方、帝国の利益への奉仕において最も反動的で危険な不安定化勢力にも余地を与えた。アメリカ合衆国は、ベネズエラの民主主義を弱体化させる陰謀を前に進める地盤を与えるベネズエラ国民議会での重要な要素を置くことができた。
つづきを読む

エクアドルでクーデター未遂

Posted in 中南米 with tags , , on 2010/10/01 by CC

南米エクアドルで、警察と兵士の一部がラファエル・コレア大統領に対するクーデターを起こした。警察と兵士は、空港とその周辺の幹線道路を封鎖し、コレア大統領は、催涙ガス攻撃を受けてに警察病院に運ばれるが、その病院が警察によって取り囲まれた。軍と市民が大統領の救出に向かい、警察との銃撃戦の末、軍が大統領を救い出した。

以下は、中東カタールのテレビ局アルジャジーラ(英語版)のリポート。

その他、このクーデターに関するニュースは、ツィッターに随時載せている。

中南米カリブ海、09年度失業率

Posted in 経済, 中南米 with tags , , , , , , , , , on 2010/06/14 by CC

ラテンアメリカ・カリブ海経済委員会(ECLAC)と国際労働機関(ILO)の報告によると、2009年度、ラテンアメリカ・カリブ海諸国の失業率は、7.3%から8.1%へ上昇した。

下のグラフは、南米各国での失業率の変化を表したグラフである。

(クリックで拡大)

グラフ左から
チリ 1.9ポイント
エクアドル 1.6ポイント
コロンビア 1.5ポイント
ボリビア 1.2ポイント
平均値 0.8ポイント
アルゼンチン 0.8ポイント
ベネズエラ 0.5ポイント
ブラジル 0.2ポイント
ペルー 0ポイント
ウルグアイ -0.2ポイント

2008年まで、失業率を徐々に減らしてきたラテンアメリカ諸国であるが、リーマンショックを受けて、労働環境は悪化している。しかしその中でも検討しているのが、ウルグアイで失業率を0.2ポイント減らしている。また、チリでは1.9ポイント上昇しているが、これは当然今年起こった地震以前のものである。

Source via Structually Maladjusted

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。