キューバ のアーカイブ

CELAC創設:裏庭からの脱却

Posted in 中南米 with tags , , , , , , , , , , , , , on 2011/12/11 by CC

裏庭からの脱却:米政府に挑む新ラテンアメリカ・カリブ海ブロック

2011年12月7日
ベンジャミン・ダングル

TowardFreedom.com

たくさんのラテンアメリカおよびカリブ国家首脳が空港を出て、車パレードやホテルの部屋に入っていった時には、雨雲が緑豊かな山腹とベネズエラのカラカスを取り囲む貧困地域を包み込んだ。 首脳らは、アメリカ政府の力の範囲外で、民族自決を目指す新しい地域ブロックであるラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(CELAC)の設立サミットのために集まった。

特筆すべきことは、米国およびカナダの大統領は不在だったことだ。(両国とも招待されなかった) 米政府によるこの地域への干渉の口実として使われてきた1823年に作られた米国の政策のことを指し示し、ニカラグアのダニエル・オルテガ大統領は、CELACの設立について、「モンロー主義への死刑宣告だ。」と述べた。 実際に、CELACは、米国の影響力の強い米州機構(OAS)に替わり、ラテンアメリカとカリブ海の統合を強め、この地域自身によるより平等で公正な社会をつくる組織として、多くの参加大統領らによって推進されている。
つづきを読む

8/3 キューバ友好フォーラム

Posted in お知らせ with tags on 2011/07/19 by CC

キューバ友好フォーラム 2011
アレイダ・ゲバラさんに聞く
「キューバはエネルギー危機をどう乗り越えたのか」

2011年8月3日(水)18:30~(開場18時)
場所:日本青年館国際ホール (TEL03-3401-0101)
主催:キューバ友好円卓会議

参加費:1000円(円卓会議会員500円)

詳細は、こちら(PDF)

ゲバラの親友グラナド博士死去

Posted in マルチメディア with tags on 2011/03/08 by CC

チェ・ゲバラの親友でキューバのサンチャゴ医学校(Escuela de Medicina de Santiago de Cuba)の創設者であるアルベルト・グラナド博士が、先週末キューバで亡くなった。享年88歳。

グラナド博士は、1951年、まだ革命家になる前のゲバラとともにバイクでラテンアメリカを旅し、その旅行の過程は、2004年の映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」でも描かれた。

次のyoutubeのビデオは、映画のサントラから「Al Otro Lado Del Rio」。

[ハイチ]キューバとALBA、直接復興支援

Posted in ハイチ地震, 中南米 with tags , , , , , , , , on 2010/04/11 by CC

136カ国が参加した国連でのハイチ支援国会議では、59カ国が2年以内に総額53億ドル、10年で99億ドルの支援を行なうことを約束した。米国は、11.5億ドル、ヨーロッパ諸国は16億ドルの支援を行なう。

米州ボリバル同盟(ALBA)の8カ国は、6年間で24.2億ドルの支援を発表。その大部分は、ベネズエラが支払うという。

小児科学が専門で、米国のキューバ連帯運動に参加しているW.T. ホイットニー・ジュニア氏は、以下のように伝えている。

具体化されたハイチ復興委員会は、国連ハイチ担当特使のビル・クリントンとハイチのジャン=マックス・ベルリーヴ首相が議長を務める。それは、世界銀行によって監督される。メンバーには、ハイチ当局者と1億ドル以上寄付した国の代表が含まれる。

ALBAは、世界銀行が主導する復興に強く反対した。国連の制度を利用するよりも、ベネズエラはハイチへ直接送る資金と、住宅、インフラ整備、教育、農業、保健を提供するサービスに支援を分ける。キューバも、のどから手が出るほど必要とされている保健サービスを提供する。

haiti-cuba-venezuela> analysis 経由、People’s World より)

[ホンジュラス]軍事クーデターと社会変革(2/3)

Posted in ホンジュラスクーデター, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , on 2010/03/29 by CC

ホンジュラス人民抵抗戦線のメンバーで、政治組織「ロス・ネシオス」の政治編隊書記のヒルベルト・リオスの講演のつづき。

———————————————

質疑応答

あなたは、ホンジュラスはラテンアメリカで最も二極化していない国だと言った。現在でもそれは当てはまるか?

政治的見地からいえば、そうだ。しかし思想的立場からすれば、そうではない。左派、中道、そして右派でさえ多くの人びとがクーデターに反対した。

クーデターは、最終的にホンジュラスの運動にプラスとなったか?

私の組織を例にとってみよう。我々は、1999年に設立し、メンバーが100人を超えたことはなかった。我和えは多くの取り組みをした、しかし100人以上になったことはなかった。クーデター後の現在、1000人以上のメンバーがいる。ホンジュラスでは、右翼が1000年以上権力を握ることができたかもしれない。今ではたぶん10年だけだろう。

米国大使館の連中は、軍事化するために抵抗運動へ武器の提供を申し出た。誰も我々が200日間平和行進できるとは考えなかった。死人を出さないための戦略だった。

クーデター前には、我々に骨はあったが、肉はなかった。今、我々には身体全体がある。
つづきを読む

[ハイチ]干渉と搾取の歴史

Posted in ハイチ地震, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , , , , on 2010/01/26 by CC

ハイチ地震の被害は、なぜここまで広がったのか?ハイチの歴史的背景を理解していなければ、全体は見えてこない。以下は、アメリカの反戦団体「国際ANSWER」が地震直後に送信したメールニュースからの翻訳である。なお、ハイチの人びとへの連帯の言葉を述べている冒頭は省略している。

ハイチの人びとと連帯を

米国政府が言わないこと

このような時において、この惨事を政治的、社会的文脈に置くことも重要である。この文脈なしに、ハイチに直面している問題とそして最も重要なことであるハイチが生き残り繁栄できるようにする解決策の両方を理解することは不可能である。ヒラリー・クリントンは、本日、「それは聖書のような、ハイチとハイチの人びとを脅し続けている悲劇です。」と述べた。「神の行ない」をハイチの苦痛を全面的に責めるこの偽善的声明は、 この地域における米国とフランスの帝国主義の役割を隠蔽する。

このメールのメッセージの中に、私たちは、実際の文脈を構築するのを助けるハイチについてのいくつかの背景に関する情報を入れている。

ハイチのジャン=マックス・ベルリーブ首相は、本日、10万人のハイチ人が死んでいるかもしれないと述べた。国際メディアは、何千もの倒壊した建物からの瓦礫に囲まれた路上に沿って積まれている遺体について報道している。経済的損害の見積もりは、何十億ドルである。ハイチの大きな貧困地区の住民は、特にこの悲劇で強い打撃を受けた。

つづきを読む

[ハイチ]キューバ医療チームの活動

Posted in ハイチ地震, 中南米 with tags , , on 2010/01/21 by CC

ハイチの地震直後、即座に救援チームを派遣した国のひとつは、キューバである。ハイチで活動しているキューバ人やキューバで医療訓練を受けた中南米出身者で構成された医療チームを、驚くべきことにCNNが取材している。

キューバの医療技術は、マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画「シッコ」によってよく知られるようになったが、キューバは世界各地の災害地域などへ救援のために医療チームを派遣しており、今回その経験が生かされた形となっている。

キューバが派遣した医療チームの中には、キューバで医療教育を受けたハイチ人医師400人も含まれている。

Vodpod videos no longer available.

posted with vodpod

「国際貢献」と称して軍隊を送るよりも、たとえばキューバのように医療チームを送ることのほうが現地の人びとにとってどれほど役に立っているかこの事実は証明している。

一方、ベネズエラは、225,000バレルのディーゼルとガソリン(18億米ドル相当)をハイチへ送ることを発表した。この支援燃料を載せたタンカーは、日曜日にハイチへ向けて出発する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。