クーデター のアーカイブ

[ホンジュラス]マンガ「クーデターの歴史」(7)

Posted in ホンジュラスクーデター, 文化・芸術, 中南米 with tags , , , , on 2010/04/12 by CC

A Graphic History of the Honduran Coup
マンガでみるホンジュラスクーデターの歴史

(前回までの話は、コチラ
ホンジュラスクーデターの歴史07
(クリックで拡大)

created by Dan Archer of Archcomix

—————————————————–
この作品に関する意見や感想はコメント欄へどうぞ。日本語、英語どちらでも構いません。日本語の場合は、こちらで訳して作者のダン・アーチャー氏に伝えます。

広告

[ホンジュラス]マンガ「クーデターの歴史」(6)

Posted in ホンジュラスクーデター, 文化・芸術, 中南米 with tags , , , , , , on 2010/04/10 by CC

A Graphic History of the Honduran Coup
マンガでみるホンジュラスクーデターの歴史

(前回までの話は、コチラ
ホンジュラスクーデターの歴史06
(クリックで拡大)

created by Dan Archer of Archcomix

(補足)
1コマ目の「そこ」とはスクールオブアメリカのこと。

—————————————————–
この作品に関する意見や感想はコメント欄へどうぞ。日本語、英語どちらでも構いません。日本語の場合は、こちらで訳して作者のダン・アーチャー氏に伝えます。

[ホンジュラス]マンガ「クーデターの歴史」(4)

Posted in ホンジュラスクーデター, 文化・芸術, 中南米 with tags , , , , , , , , on 2010/04/08 by CC

A Graphic History of the Honduran Coup
マンガでみるホンジュラスクーデターの歴史

(前回までの話は、コチラ
ホンジュラスクーデターの歴史4
(クリックで拡大)

created by Dan Archer of Archcomix

(補足)
原文により忠実にという思いから、後半部分で「審議」と訳したが、これは、セラヤ大統領が国民に対して意見を求める国民投票を行なったことを指す。この結果には、まったく法的拘束力はなく世論調査のようなものであった。

[ホンジュラス]マンガ「クーデターの歴史」(3)

Posted in ホンジュラスクーデター, 文化・芸術, 中南米 with tags , , , , on 2010/04/07 by CC

A Graphic History of the Honduran Coup
マンガでみるホンジュラスクーデターの歴史

(前回までの話は、コチラ
ホンジュラスクーデターの歴史3
(クリックで拡大)

created by Dan Archer of Archcomix

[ホンジュラス]マンガ「クーデターの歴史」(2)

Posted in ホンジュラスクーデター, 文化・芸術, 中南米 with tags , , , , , on 2010/04/06 by CC

A Graphic History of the Honduran Coup
マンガでみるホンジュラスクーデターの歴史

(前回までの話は、コチラ

(クリックで拡大)

created by Dan Archer of Archcomix

[ホンジュラス]マンガ「クーデターの歴史連載開始

Posted in ホンジュラスクーデター, 文化・芸術, 中南米 with tags , , , on 2010/04/05 by CC

アメリカのノンフィクションマンガ作家ダン・アーチャー氏が、ホンジュラスのクーデターを題材にしたコミックスを発表した。アーチャー氏の了解を得て、今回よりこのCaracas Caféで日本語版を随時連載(全13回)していく。
——————————————————————————–

A Graphic History of the Honduran Coup
マンガでみるホンジュラスクーデターの歴史

ホンジュラスクーデター1
(クリックで拡大)

created by Dan Archer of Archcomix

[ホンジュラス]抵抗運動は新たな局面へ

Posted in ホンジュラスクーデター, 中南米 with tags , , on 2010/01/30 by CC

テグシガルパのブラジル大使館へ身を寄せて129日目にして、マヌエル・セラヤ大統領はぺぺ・ロボやグアテマラのコロン大統領らに付き添われ、空港へ向かった。セラヤ大統領は、ドミニカ共和国のレオネル・フェルナンデス大統領に招待を受けており、同国へ短期滞在した後、メキシコへ向かう予定。セラヤ大統領は、ホンジュラスでいくつもの件で告訴されており、現時点では公正な裁判が受けられないとして、国外へ亡命する。告訴が取り下げられる、あるいは公正な裁判が受けられるようになるまでメキシコへ留まるようだ。

一方、ホンジュラス国内では、ぺぺ・ロボが「大統領」の座に就き、抵抗運動は新たな局面を迎えている。以下の記事は、抵抗運動の活動を英語で伝えているブログHonduras Resistsより。

5日目報告:ロボが権力を握る中で、大規模デモ

国際的企業メディアが、クーデターはついに抵抗運動に勝利した、あるいは少なくとも危機は終わると示唆する中で、事実上の大統領ポルフィリオ・「ぺぺ」・ロボは、今日、権力の座についた。一方で、誘拐、殺人、そして脅迫といういまだに起きている人権の危機にもかかわらず、すべての年代、階層、地域から何十万ものホンジュラス国民は、ロボの大統領としての正当性の明白な拒否を表し、正義と制憲議会の要求は消えないことを証明するために街頭へくり出した。

主催者は、クーデター以来2番目に大きなデモだったと言う。テグシガルパとサンペドロスーラでデモ行進が、そしてその他の地域でもそれより小さいデモ行進があった。首都での行進は、空港へ向かい、追放された選挙で選ばれた大統領のマヌエル・セラヤがドミニカ共和国へ短期の退去のための飛行機へ乗るのを見るために待つ中、海原のようなホンジュラス市民は、踊り、スローガンを叫び、ものすごい気迫を示した。7月5日に軍によってイシス・オベド・ムリージョが殺害された場所にステージが設けられた。ミュージシャンたちは、抵抗の歌を演奏し、抵抗運動のすべてのセクターがスピーチを行ない、抵抗運動の犠牲者たちの名前が読み上げられた。

つづきを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。