パラグアイ のアーカイブ

南米各国の軍事費比較

Posted in 軍事, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , , , , , , on 2010/04/17 by CC

今月初めにロシアのプーチン首相がベネズエラを訪問したが、アメリカの大手メディアはベネズエラの「軍備増強」と騒ぎ立てた。

しかし今回のプーチン訪問で新たな軍事関連の二国間合意はなく、2006年に結ばれた契約の下で、ベネズエラがロシアからMi-17ヘリコプター4機とT-72戦車を90台以上購入したのみである。

そもそも米国は、ベネズエラへの軍事兵器売却を2006年から禁止しており、ベネズエラは新しい兵器の購入はおろか現在保持している米国製兵器のアップグレードもできないため、ロシアとの軍事契約を結んでいる。(米国の技術が入っていれば、第三国からの兵器購入もできない。)
実際、ベネズエラで軍備は増強されているのだろうか?下のグラフはストックホルム国際平和調査機関(the Stockholm International Peace Research Institute)のデータを元に作成された南米諸国の国民一人当たりの軍事費の比較である。
南米国民一人当たりの軍事費グラフ

(Structurally Maladjustedより)

単位は米ドルで、2005年の為替レートを元に計算されている。国は左から、チリ、コロンビア、エクアドル、ウルグアイ、ブラジル、ベネズエラ、アルゼンチン、ボリビア、ペルー、パラグアイ。赤が1998年、青が2008年の値である。

(CCHN)米NGOの賞金 他

Posted in ヘッドラインニュース, 国際, 中南米 with tags , , , , , , on 2008/04/28 by CC

[CCヘッドラインニュース]

反対派学生リーダー、米NGOから50万ドルの賞金を受け取る
April 25th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2008年4月25日(メリダ)-Venezuelanalysis.com

ゴイコエチャ氏

自由主義で米国を拠点とするカト研究所は、ラジオ・カラカス・テレビジョン(RCTV)の公共放送権の更新不可と2007年憲法改定に反対する学生運動の指導に対して、ベネズエラの反対派学生リーダーのジョン・ゴイコエチャ氏に50万ドルの自由の前進のためのミルトン・フリードマン賞を授与した。

カト研究所のウェブサイトによると、「ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領の政府の下での人権と公民権侵害への熱心な反対」により、ゴイコエチャ氏が選ばれた。

1977年に創設されたカト研究所は、自由主義の自由市場哲学を信奉し、社会保障の民営化を支援、地球温暖化を阻止するための環境保護規制に反対するが、イラク戦争をめぐってジョージ・W・ブッシュ米大統領政府と衝突している。

写真上:ベネズエラ反対派学生リーダーのジョン・ゴイコエチャ氏は、自由主義のカト研究所からミルトン・フリードマン賞の50万ドルを受け取る。

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3384

チャベス、パラグアイのルゴ新大統領を祝福
April 22nd 2008, by Michael Fox – Venezuelanalysis.com
2008年4月21日(パラグアイ・アスンシオン)-Venezuelanaysis.com

ルゴ新大統領

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、パラグアイの大統領に選出された、革新系元司祭のフェルナンド・ルゴ氏を、日曜日夜の歴史的勝利に祝福した。ベネズエラの外務省によると、ルゴ氏は、電話でコメントし、「パラグアイの人びとが手にした、民主主義の非の打ちどころがない日を認識する好機を強みにした…彼らは、政治的成熟を示した」。

チャベス大統領とルゴ氏は、南米共同体(UNASUR)へ向かって努力を続けることの重要性で合意し、「両大統領とも、共同計画について話すためにできるだけ早く会談するという要望を表明した」とベネズエラ通信省のコミュニケは示した。

写真右:フェルナンド・ルゴ元司祭は、パラグアイ大統領選最初の選挙演説で支持者に敬意を表す。(EFE)

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3370

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

(ニュース)中南米、コロンビアの攻撃を非難

Posted in コロンビア紛争, 国際 with tags , , , , , , , , , , , , , , , on 2008/03/05 by CC

Venezuelanaysis.comニュース(完訳)
2008年3月3日-カラカス-
March 3rd 2008, by James Suggett Venezuelanalysis.com

エクアドルのコレア大統領ラテンアメリカの政府と地域組織は、エクアドルの国家主権と地域の統合を支持することを宣言し、そしてコロンビア革命軍(FARC)のトップレベルの指導者で外交官であるラウル・レジェスを含め、16人の反乱軍の死者を出した土曜日早朝のエクアドル領内でのFARCに対するコロンビア軍による攻撃を大いに非難した。

エクアドルのラファエル・コレア大統領は、日曜日、「彼らが我々の主権を侵していたという完全な良心でもって」コロンビアの「計画的空爆」とそれに続く60人のコロンビア歩兵によって突き進められた「受け入れられない侵略」があった今、エクアドルとの国際的連帯をテレビで訴えた。

写真上:コロンビア大使の国外退去を発表するエクアドルのラファエル・コレア大統領(AP)

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。