フランス のアーカイブ

[ハイチ]サルコジ訪問とデモ

Posted in ハイチ地震, 中南米 with tags , , , , on 2010/02/22 by CC

ジャーナリストで映像作家のケビン・ピナ氏のこの記事は、大手メディアが報道を拒否する、あるいは過小に伝える(デモ参加者の人数を数百人と報道するなど)現在のハイチの状況を見たままに伝えている。また、フランスのハイチへの歴史的かかわりについても触れているので、そういった面をもっと知りたいこのブログの読者にも役立つのではないかと思う。

サルコジ仏大統領がヘリコプターで到着する中、返還と補償を求めるデモ参加者

怒りのデモ参加者、サルコジに支払いとアリスティドのハイチ帰還を要求

by ケビン・ピナ

ハイチ、ポルトープランス(HIP)
水曜日、ニコラス・サルコジ仏大統領が地震で崩壊した首都ポルトープランスを見て回る中、何千人もの追放された大統領のジャン=ベルトラン・アリスティドの支持者が街頭へ繰り出した。サルコジのヘリコプターがハイチの地震によって損害を受けた大統領府近くに着陸した時、追放された大統領の写真を掲げながら、支持者らはフランスに対して210.億ドル以上の返還と賠償の支払いとアリスティドの帰還を繰り返し叫んだ。彼らの要求は、独立承認の代わりにフランス人奴隷主に対して新生ハイチが支払わされた補償についての長年の論争と2004年のアリスティド追放におけるフランスの役割に起因する。
つづきを読む

[ハイチ]干渉と搾取の歴史

Posted in ハイチ地震, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , , , , on 2010/01/26 by CC

ハイチ地震の被害は、なぜここまで広がったのか?ハイチの歴史的背景を理解していなければ、全体は見えてこない。以下は、アメリカの反戦団体「国際ANSWER」が地震直後に送信したメールニュースからの翻訳である。なお、ハイチの人びとへの連帯の言葉を述べている冒頭は省略している。

ハイチの人びとと連帯を

米国政府が言わないこと

このような時において、この惨事を政治的、社会的文脈に置くことも重要である。この文脈なしに、ハイチに直面している問題とそして最も重要なことであるハイチが生き残り繁栄できるようにする解決策の両方を理解することは不可能である。ヒラリー・クリントンは、本日、「それは聖書のような、ハイチとハイチの人びとを脅し続けている悲劇です。」と述べた。「神の行ない」をハイチの苦痛を全面的に責めるこの偽善的声明は、 この地域における米国とフランスの帝国主義の役割を隠蔽する。

このメールのメッセージの中に、私たちは、実際の文脈を構築するのを助けるハイチについてのいくつかの背景に関する情報を入れている。

ハイチのジャン=マックス・ベルリーブ首相は、本日、10万人のハイチ人が死んでいるかもしれないと述べた。国際メディアは、何千もの倒壊した建物からの瓦礫に囲まれた路上に沿って積まれている遺体について報道している。経済的損害の見積もりは、何十億ドルである。ハイチの大きな貧困地区の住民は、特にこの悲劇で強い打撃を受けた。

つづきを読む

(CCHN)ベネズエラ外交 他

Posted in ヘッドラインニュース, 経済, 国際 with tags , , , , on 2008/09/29 by CC

[CCヘッドラインニュース]

ベネズエラと中国、共同石油・投資協定拡張
September 24th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2008年9月24日(メリダ)

北京でのチャベス

ベネズエラと中国は、火曜日、ベネズエラ産石油の中国への流入を増やし、ベネズエラの通信と農業に対する中国の投資を増大し、以前設立された共同投資基金の規模を倍化する協定に調印した。

写真左:北京で記者団に話すチャベス大統領。(Prensa Presidencial)

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3828

ベネズエラ政府とその支持者、ヒューマンライツウォッチ報告に反応
September 25th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2008年9月25日(メリダ)

先週、ベネズエラ政府当局者、労働組合、ジャーナリストらは、ベネズエラに関するNGOのヒューマンライツウォッチが先週木曜日に公表した報告で述べていることは不正確だと批判した。

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3832

「財政危機に先立って」ベネズエラのチャベス、ヨーロッパをまわる
September 26th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2008年9月26日(メリダ)

チャベスとプーチン

キューバと中国から始まった世界ツアーを続ける中で、ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、今週木曜日と金曜日にロシアとの共同のエネルギー会社と銀行の計画を固め、フランスとの政治的つながりを強化し、ポルトガルから25万台のノートパソコンの輸入を確保した。

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3835
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

2/21 CCヘッドラインニュース

Posted in コロンビア紛争, ヘッドラインニュース, 国際 with tags , , on 2008/02/24 by CC

February 21st 2008, by James Sugget Venezuelanalysis.com

2008年2月21日-Venezuelanaysis.com

チャベス大統領とクシュネル仏外相コロンビア革命軍(FARC)は、「数日あるいは数週間以内に」多くて5年間人質となっている4人の元コロンビア国会議員を解放する計画である、とフランスのベルナール・クシュネル外相が、ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領とのカラカスでの水曜日の夕方の会談後に発表した。

2週間前、チャベス大統領は、グロリア・ポランコ、エラディオ・ペレス、オルランド・ベルトランという解放されると言われている3人の議員の名前を発表した。昨日、大統領は、クシュネル外相に4人目の人質の身元が近く明らかにされると語った。

写真上:チャベス大統領(左)は、フランスのベルナール・クシュネル外相(右端)と会談する。(YVKE Mundial)

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3189
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

12/9-15 CCヘッドラインニュース

Posted in ヘッドラインニュース, 石油, 国際, 中南米 with tags , , , , , on 2007/12/17 by CC

12/10 ベネズエラ、米貧困家庭に石油を寄付
ベネズエラは、今回で3年目となる米国の貧困家庭向けに暖房用の油を助成するプログラムを開始。これは米国の23州で、約4億2千3百万㍑の灯油がこの計画のために使われ、23万5千世帯の低所得世帯が恩恵を受けるとされる。対象世帯の住人は、市場価格の40%以下で灯油を購入することができる。

12/10 ベネズエラの刑務所で暴動
コロンビア国境近くのサン・クリストバル市の刑務所で暴動が発生。施設内の支配をめぐっての抗争で、少なくとも15名の服役囚が死亡した。

12/10 ベネズエラ標準時、マイナス30分

ベネズエラは、10日午前3時より標準時を30分遅らせた。これによりグリニッジ標準時より4時間遅れだったのが、4.5時間になる。ちなみに日本とは、13.5時間の時差になる。

12/12 仏首相、チャベス大統領にコロンビアとの交渉再開促す
チャベス大統領は、ブエノスアイレスでフランソワ・フィヨン仏首相と会談。首相は、チャベス大統領が仲介していたが、中断してしまったコロンビア革命軍(FARC)との人質交換交渉再開を求めた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。