ホンジュラス のアーカイブ

セラヤ元大統領夫人が大統領候補に

Posted in 中南米 with tags , , on 2012/09/16 by CC

2009年のクーデターで政権から追われたホンジュラスのマヌエル・セラヤ元大統領の夫人であるシオマラ・カストロ・デ・セラヤ氏が、革新政党LIBREの大統領候補に選ばれた。

他政党の候補者選出は、11月の党内選挙まで待たなければならない。

Honduras Culture and Politicsより。

ホンジュラス:刑務所火事事件風刺マンガ

Posted in 中南米 with tags on 2012/02/20 by CC


作・チャベス(漫画家)
(画像をクリックすると、出典元のページが開きます。オリジナルが見られます。)

「消火しに放水車が来てくれてよかったわ。」
「ちがう、ちがう。これは、秩序不安が起こった時のために備えてるだけさ。」

英訳ページより邦訳)

ホンジュラス:刑務所の火事は事故か殺戮か

Posted in 中南米 with tags , on 2012/02/19 by CC

2012年2月15日
ホンジュラスの首都テグシガルパの北に位置するコマヤグアの刑務所で火事があり、350人以上が死亡したと伝えられている。刑務所の中には当時、2009年の軍事クーデターに反対して投獄された人びとを含め有罪判決さえ受けていない人びとも収容されており、そういった人びとも犠牲になった。

上のビデオを見れば分かると思うが、火事が起こっている中で銃声が響いている。警官らは、救助するどころか燃えている建物に向かって発砲していた。また、この刑務所に収容されている者の家族らが現場に着いたとき、警官と兵士が銃を発砲し、催涙弾を発射してきたという。

また、コマヤグア南部には米軍のソトカノ空軍基地があるが、そこから消防隊が駆けつけることもなかった。

下記のリンク先には、火事後の刑務所内部の写真が載っているが、非常にショッキングなものなので見る際は注意を。
http://quotha.net/node/2122

ホンジュラス:新党リブレ結成

Posted in ホンジュラスクーデター with tags , on 2011/11/16 by CC

久方ぶりの記事は、ホンジュラスから。

ホンジュラスで、Libertad y Refundación、略してLibre(リブレ)またはイニシャルでPLRという新たな政党が誕生した。これは2009
年のクーデターに反対するホンジュラス市民らが結成したホンジュラス人民抵抗戦線(FNRP)の立場を代表する政党として、マヌエル・セラヤ元大統領が中心となって結成された。

セラヤ氏は、今週始め、新党結成に賛同する8万筆の署名を持ってホンジュラスの最高選挙裁判所に政党の登録を申請した。選挙裁判所によると、政党登録には42,900筆の署名が必要だが、63,000筆の署名を確認し、必要署名数を大きく上回った。選挙裁判所は、同時にPLRの紋章(文字が読めない人のために、選挙の投票の際に特定の政党を示すために用いられる)も承認した。

ホンジュラスでは、今年の10月にも新党が結成されており、今まで自由党と国民党の二大政党体制だった政治がどのように変化するか注目される。

Source: Honduras Culture and Politics

2010年中南米におけるジャーナリスト死者数

Posted in メディア with tags , , , , , , , on 2010/12/31 by CC


プレス・エンブレム・キャンペーンによると、2010年、世界中で105名のジャーナリストが殺害された。ラテンアメリカでは、36名が亡くなっている。

上位から
メキシコ 14
ホンジュラス 9
コロンビア 4
ブラジル 4
ベネズエラ 2
アルゼンチン 1
エクアドル 1
グアテマラ 1

ベネズエラで、2名殺害されているが、これは両件ともに勤務時間外に車強盗に襲われたものだという。

Source: IKN

エクアドルでクーデター?

Posted in 中南米 with tags , , , , , on 2010/10/14 by CC

2010年10月12日
文・クリスティン・ブリッカー

9月30日、およそ1千人のエクアドル国家警察官は、ボーナスや他の保障を廃止する新法への抗議で街頭へ繰り出し、主要交差点を閉鎖、公共の場を占拠した。

抗議行動に参加した警官は、4万2千人の警官隊のごく一部を代表していたが、事態は急激に手に負えなくなった。少数の下部層の空軍兵士が空港を閉鎖し、警察が議会を占拠、そして彼らは混成特殊部隊がコレアを救出するまで、大統領を病院の中に10時間以上人質とした。

警察の反乱は、伝えられているところによるとある一定の賞与を廃止し、多くの公務員を早期退職に追い込むエクアドルの公共部門の合理化を目的とした公共奉仕法の特定の部分の改定にコレアが個別条項拒否権を使用した後に始まった。大統領の個別条項拒否権は、国の2008年憲法の下で規定され、大統領は議会決定を覆すのによく使っている。
つづきを読む

エクアドルクーデターの裏側:ALBAへの攻撃

Posted in 政治 with tags , , , , , , , , , , , on 2010/10/05 by CC

10/2/2010

文:エバ・ゴリンジャー
英訳:Machetera

米州人民ボリバル同盟(ALBA)加盟国のひとつに対する最近のクーデターは、ラテンアメリカの統合と革命的民主主義過程の前進を妨げる企てである。ラテンアメリカでの右翼は攻撃を仕掛けている。2009年、マヌエル・セラヤ政府に対するホンジュラスでの成功は、右派を奮い立たせ、ラテンアメリカの人びとと革命政府に対する再度攻撃する力と自信を与えた。

ベネズエラでの9月26日日曜日の選挙は、ベネズエラ統一社会主義党(PSUV)の勝利である一方、帝国の利益への奉仕において最も反動的で危険な不安定化勢力にも余地を与えた。アメリカ合衆国は、ベネズエラの民主主義を弱体化させる陰謀を前に進める地盤を与えるベネズエラ国民議会での重要な要素を置くことができた。
つづきを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。