中国 のアーカイブ

CELAC創設:裏庭からの脱却

Posted in 中南米 with tags , , , , , , , , , , , , , on 2011/12/11 by CC

裏庭からの脱却:米政府に挑む新ラテンアメリカ・カリブ海ブロック

2011年12月7日
ベンジャミン・ダングル

TowardFreedom.com

たくさんのラテンアメリカおよびカリブ国家首脳が空港を出て、車パレードやホテルの部屋に入っていった時には、雨雲が緑豊かな山腹とベネズエラのカラカスを取り囲む貧困地域を包み込んだ。 首脳らは、アメリカ政府の力の範囲外で、民族自決を目指す新しい地域ブロックであるラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(CELAC)の設立サミットのために集まった。

特筆すべきことは、米国およびカナダの大統領は不在だったことだ。(両国とも招待されなかった) 米政府によるこの地域への干渉の口実として使われてきた1823年に作られた米国の政策のことを指し示し、ニカラグアのダニエル・オルテガ大統領は、CELACの設立について、「モンロー主義への死刑宣告だ。」と述べた。 実際に、CELACは、米国の影響力の強い米州機構(OAS)に替わり、ラテンアメリカとカリブ海の統合を強め、この地域自身によるより平等で公正な社会をつくる組織として、多くの参加大統領らによって推進されている。
つづきを読む

広告

ベネズエラが日本やインドなどと新たな石油契約

Posted in 石油, 国際 with tags , , , , , , , on 2010/05/13 by CC

ベネズエラがインド、日本、スペイン、米国と400億ドル石油契約に署名

オリノコ石油地帯(出典:ウィキペディア)

文/Kiraz Janicke – Venezuelanalysis.com
2010年5月12日-カラカス

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、水曜日、2つの共同ベンチャー企業を創設するために、インド、日本、スペイン、米国の石油会社との契約に署名した。これらの企業は、同じくベネズエラに400億ドルを投資する。

オリノコ地帯東部の油田を開発する共同ベンチャー企業ペトロインデペンデンシアとペトロカラボボ設立のための署名式典は、カラカスの石油公社ペトロレオス・デ・ベネズエラ(PDVSA)の本社で、ラファエル・ラミレス・エネルギー石油相、ホルヘ・ヒオルダニ経済・財務相、PDVSAのエウロヒオ・デル・ピノ開発・製造担当副社長、そしてベネズエラ石油社(CVP)のペドロ・レオン理事が出席して執り行なわれた。

デル・ピノは、新しく創設された共同ベンチャーは、2016年に合計で1日あたり80万バレル生産すると試算した。

CVP(60%)、レプソル(11%)、ペトロカラボボ・ガンガ(11%)、PCベネズエラ(11%)、インドイル(7%)で構成されるペトロカラボボは、カラボボブロック1で操業する。

CVPは、ペトロインデペンデンシアの60%の所有権を有し、シェブロン34%、日本カラボボ5%、そしてスエロペトロールが1%を持つ。ペトロインデペンデンシアは、カラボボブロック3で操業する。

各共同ベンチャーは、2010年末までに1日あたり5万バレル、2016年までには40万バレルを生産し始めると見込まれており、ベネズエラの重油の質を向上させるために2つの製油所の建設とアラヤに石油パイプラインの建設が予定されている。

これらの企業は、2月にオリノコでPDVSAとともに掘削する契約を獲得した。

エネルギー石油省は、カラボボブロック2を「戦略的パートナーシップ」のために開くかどうか考慮している。

先週、ベネズエラはまた、中国の開発銀行と200億ドルのローン契約に署名し、CNPC(中国石油天然気集団公司 )もまた、オリノコ石油地帯のフニンブロック4での重質原油を開発する160億ドルの計画で少数所有権を獲得した。

フニンブロック4計画もまた、2016年までに1日あたり40万バレルを生産すると見込まれる。

記事元/http://venezuelanalysis.com/news/5355
transaltion by Caracas Café

ベネズエラ、中国との関係強化

Posted in 経済, 国際 with tags on 2009/12/28 by CC

火曜日、公けの前での合意調印式(VTV)

Venezuelanalysis.comより

2009年12月24日-メリダ
ベネズエラと中国の政府関係者、財界人らは、今週カラカスで二国間関係を論議するため会談した。会談で署名された合意の結果、来年、ベネズエラは中国への石油供給を1日60万バレル以上に増やし、そして中国はベネズエラの農業、インフラ、鉱山業、エネルギー生産への投資を増加させる。

ベネズエラの中国との関係強化は、今始まったことではない。次のベネズエラと中国の貿易額のグラフ(縦軸の単位は、百万米ドル)は、ベネズエラのホルヘ・ジオルダーニ企画発展相の発表を元につくられたものである。

2003年から08年までの間、二国間の貿易額は13倍に増えている。ちなみに米経済紙ウォールストリートジャーナルは、これを3倍と報道している。(IKNより)

ベネズエラ、新国際通貨の創設支持

Posted in 経済, 国際 with tags , , , , , , , , , on 2009/04/04 by CC

Venezuelanalysis.comニュース(訳)
March 31st 2009, by Tamara PearsonVenezuelanalysis.com
2009年3月30日-メリダ

ロドリゲス

日曜日、アリ・ロドリゲス財務長官を通じてベネズエラ政府は、中国の新しい国際通貨の提案への支持を公言した。

中国中央銀行の周小川総裁は、先週火曜日にどの国にも関係していない新しい国際準備通貨の創設を提案した。準備通貨は、国際貿易に使用され、外国為替準備として政府が貯えるものである。

続きを読む

財務相:世界的危機でもベネズエラは堅固

Posted in 石油, 経済, 政治 with tags , , , , on 2009/03/04 by CC

Venezuelanalysis.comニュース(訳)
February 26th 2009, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2009年2月26日-メリダ

ロドリゲス

ベネズエラのアリ・ロドリゲス財務長官は、水曜日、石油価格が現在のレベルを保てば、少なくとも3年間は、世界金融危機にかかわらず、ベネズエラは強い立場にあり、来月(2009年3月)の石油輸出国機構(OPEC)会議で石油の更なる減産を提案すると述べた。

「他国と比べて、ベネズエラは危機と対峙するのにかなり良い状況にある、しかし我々が危機の影響を受けていないということではない」とロドリゲス長官は、テレビインタビューで語った。「我々は、大きな犠牲もなく3年間は、経済を維持できる。」

続きを読む

ベネズエラと南米諸国が統合を前進[下]

Posted in 石油, 経済, 国際, 中南米 with tags , , , , , , , , , , , , on 2008/10/15 by CC

ブラジル-ベネズエラ協定

火曜日の会談の中で、チャベス大統領とブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバ大統領は、ベネズエラの国有石油企業PDVSAとブラジルのペトロブラス(PETROBRAS)間の混合計画の構成文書に署名し、今年3月公式に開始された計画であるブラジル北部のアブレウ・ジ・リマ精油所の共同建設の詳細について作業した。

続きを読む

(CCHN)ベネズエラ外交 他

Posted in ヘッドラインニュース, 経済, 国際 with tags , , , , on 2008/09/29 by CC

[CCヘッドラインニュース]

ベネズエラと中国、共同石油・投資協定拡張
September 24th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2008年9月24日(メリダ)

北京でのチャベス

ベネズエラと中国は、火曜日、ベネズエラ産石油の中国への流入を増やし、ベネズエラの通信と農業に対する中国の投資を増大し、以前設立された共同投資基金の規模を倍化する協定に調印した。

写真左:北京で記者団に話すチャベス大統領。(Prensa Presidencial)

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3828

ベネズエラ政府とその支持者、ヒューマンライツウォッチ報告に反応
September 25th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2008年9月25日(メリダ)

先週、ベネズエラ政府当局者、労働組合、ジャーナリストらは、ベネズエラに関するNGOのヒューマンライツウォッチが先週木曜日に公表した報告で述べていることは不正確だと批判した。

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3832

「財政危機に先立って」ベネズエラのチャベス、ヨーロッパをまわる
September 26th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2008年9月26日(メリダ)

チャベスとプーチン

キューバと中国から始まった世界ツアーを続ける中で、ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、今週木曜日と金曜日にロシアとの共同のエネルギー会社と銀行の計画を固め、フランスとの政治的つながりを強化し、ポルトガルから25万台のノートパソコンの輸入を確保した。

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3835
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。