災害 のアーカイブ

ハイチ:ハリケーン・フォトリポート

Posted in ハイチ地震 with tags , , on 2010/11/07 by CC

地震で大きな被害を受けたハイチに、またも自然災害が襲った。ハリケーン・トーマスが通過した後のハイチ・レオガンを取材した、米国人フリージャナリストのアンセル・ハーツ氏の写真リポート。
(写真をクリックすると拡大、閲覧数がカウントされます。ジャーナリストをサポートする意味でもぜひクリックをお願いします。)
P1040187

P1040159P1040168P1040173P1040112P1040192P1040184P1040145P1040144P1040132P1040134P1040108P1040096P1040106

広告

ハイチ首都でコレラ発生

Posted in ハイチ地震 with tags , , , on 2010/10/27 by CC

トラックにスピーカーを載せ、公衆衛生の告知を行なう(写真/melindayiti)

文:アンゼル・ハーツ

ポルトープランス-2010年10月24日(IPS)-ハイチの郊外アルティボニテ地域でコレラの感染が始まり、少なくとも200名が死亡してから数日後、現在慌しいハイチの首都で5件の確認されたコレラの症例がある。

IPSが得た「重要な連絡」と題するハイチの平和維持活動によって回された伝言によると、症例は「流行の拡大を意味しない」、なぜならそれらはハイチ中部で感染したからであった。

「コレラの症例が取り上げられ、非常に早く対処されたという事実は、我々が設置している流行管理のための報告体制が機能していることを示す。」と結んでいる。

首都の住民は、それほど安心していない。

「人びとが死んでいる、もちろん怖い。私たちは死のすぐそばにある。」と、1月の地震でホームレスとなった130万人のひとりで、いまだ仮設居住地に住んでいる25歳のボードー・ルニスは、マイアミ・ヘラルド紙に語った。
つづきを読む

[ハイチ]避難キャンプに激しい雨

Posted in ハイチ地震, メディア, 中南米 with tags , , on 2010/03/23 by CC

日本のマスコミは、ハイチに関するニュースを全く伝えなくなって久しいが、ハイチでは地震後の二次災害への懸念が現実となろうとしている。以下は、CEPRのブログ「ハイチ:救済と復興の監視」から。
translation by Valparaíso
———————————————-
「キャンプ地での浸水を伝える2本の重要なビデオ」
2010年3月22日

一つ目は、ハイチにいるショーン・ペンにインタビューするCNNのアンダーソン・クーパーから。ペンは、先週ポルトープランスで激しい雨が降った後の現場の場面を説明する。ペンは、最も激しい雨が始まる前に何百万人ものハイチの避難民が移されない場合の次の災害を説明する。ビデオには、雨の後泥まみれになったキャンプ地の場面が含まれている。

CNNビデオのアドレス:
http://www.cnn.com/video/data/2.0/video/bestoftv/2010/03/19/ac.penn.haiti.camp.cnn.html (注:英語のみ)

二つ目のビデオは、アイルランドのテレビ局からビデオを手に入れた赤十字からのもの。ビデオは、約百万人のハイチ人が居住する避難キャンプのひとつで、夜、激しい雨が降り始めてたった20分後に撮影されている。赤十字は次のように説明する:

これは、ハイチの雨季の始まりである。地震以来、人びとが恐れていたものが起きている。キャンプ地での雨季の最初の雨のたった20分後に、場面はすぐさま雨を吸った泥風呂に変わる。雨水は、そこら中で漏れる。人びびとは、テントの内外で濡れている。防水シートは、雨水の重量でつぶれるのを防ぐためにナイフで切らなければならない。人びとは、パニックになり自分たちを守ろうとしている。本格的な雨が来れば、それはハイチの人びとにとってどんなものになるのだろうか?

[チリ]地震被害フォトギャラリー

Posted in 中南米 with tags , , , on 2010/03/09 by CC


CIPER(情報捜査ジャーナリズムセンター)のサイトに、チリ地震で被害を受けた地域の写真(全88枚)が載っており、被害の実態を知ることができる。サイトはスペイン語であるが、写真ギャラリーは、表示されている写真をクリックまたは写真すぐ下のコントローラーで次の写真を表示できる。

CIPERのサイトは、こちら

Source: Structurally Maladjusted

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。