石油 のアーカイブ

[ホンジュラス]軍事クーデターと社会変革(1/3)

Posted in ホンジュラスクーデター, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , on 2010/03/28 by CC

これは、ホンジュラス人民抵抗戦線のメンバーで、政治組織「ロス・ネシオス」の政治編隊書記のヒルベルト・リオスの講演を翻訳し活字化したものである。講演は、2010年1月21日、マナグア[ニカラグアの首都]のカサ・ベン・リンデールで行なわれた。カサ・ビン・リンデールは、主に英語を話す国際主義者向けに週に1度の会合を主催している。

2010年1月21日
講演: ヒルベルト・リオス

私は、ニカラグアに1ヶ月住んでいる。現在、政治的迫害のため、100人以上の亡命ホンジュラス人がいる。国際メディアは、それについて全く何も載せていない。

ホンジュラスがこれに関わったことは異例で、なぜならホンジュラスは、ラテンアメリカの典型的な「優等生」であるからだ。ホンジュラスは、グアテマラのハコボ・アルベンスの転覆の時、80年代のニカラグアのコントラのため、米国のグレナダ島侵略の時に基地として貢献し、イラクへも派兵した。ホンジュラスは、最も政治的に二極化していないラテンアメリカの国であった。

左翼政党は、過去10年間、ホンジュラスの社会運動に参加している。セラヤは、右翼政党から2006年に権力の座に就き、彼の政権は社会運動を弾圧し始めた。セラヤはその時、国が1つの社会階級によって誘拐されていたことに気づいた。ホンジュラス経済の90%は、10の一族によって支配されている。これは、資本主義の下でさえ発展を妨げる。
つづきを読む

The Nation: チャベス・インタビュー(4/4)

Posted in 中南米 with tags , , , , , on 2009/10/30 by CC

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領のThe Nation インタビュー最終回。チャベス大統領が、親交の深いブラジルのルラ大統領について自身の思いを語る。

グランディン: 最後の質問です。2003年以来、あなたとブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバ大統領との関係は、魅力的です。国際関係分野での共同、一部の人びとは南米第二の独立と表現していたり、あるいは少なくともモンロー主義の終焉をもたらしているものをあなた方は牽引しています。しかし、あと約1年でルラ氏の2期目で最後の大統領任期が終了する時、その関係が終わります。「ポスト・ルラ」の世界に入っていきます。これがあなたの外交政策にどのような影響を与えると思われますか、あなた方は連携しているので非常に…

チャベス: 緊密に。

グランディン: そう、緊密に。

チャベス: 協調的だ。

グランディン: はい、強調的です。

チャベス: ルラはすばらしい人物で、すばらしい友人だ。彼らは、我々の間に亀裂を生み出そうとしたが、失敗した。私は、ルラが去った後誰かが同じ路線を継続するという希望を持っている。 続きを読む

CCヘッドラインニュース 5/9-13

Posted in ヘッドラインニュース with tags , , , on 2009/05/23 by CC

5/13 ベネズエラ、ラジオ・テレビ局を無責任な言動で捜査
5/12 ベネズエラ、米州人権委員会報告認めず
5/11 ベネズエラ警察、大型武器隠し場所発見
5/09 ベネズエラ政府、石油関連業務を収用

続きを読む

クリントン:ベネズエラ「孤立化」効果なし

Posted in 国際, 対米関係 with tags , , , , , on 2009/04/26 by CC

米国のベネズエラ「孤立化」効果なし、とクリントン

Venezuelanalysis.comニュース(訳)
April 24th 2009, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2009年4月24日

ヒラリー・クリントン米国国務長官は、水曜日、過去8年間の米国によるベネズエラのウーゴ・チャベス大統領孤立化政策は失敗していると述べた。

「チャベス関係は…8年間のチャベス孤立化の結果です。そして、これがとてもうまくいっていると私たちが確信していると思わない…私たちの考えは、もしそれがうまくいっていないのなら、なぜそれを続けるのでしょうか?他に何が可能であるか考えてみましょう」と4時間におよぶ米下院での外交政策公聴会の中で、クリントン国務長官は述べた。

続きを読む

チャベス&オバマ会談(2/2)

Posted in 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , , , , , on 2009/04/23 by CC

サミットでのチャベス&オバマ会談で米国・ベネズエラ関係再出発へ

2009年4月19日

チャベスとオバマ1

「非常に建設的」

米国へ帰る前に、オバマ大統領は34カ国サミットは「非常に建設的」だったと記者らに語った。米国指導者にとって、サミットは「敬意をもって異議を唱える」ことは可能であることを示した。

オバマ大統領は、サミット期間中のチャベス大統領への接触に疑問を呈した米国内の批判を退けた。「ベネズエラは、その防衛費はおそらくアメリカの600分の1である国だ。彼らは(石油精製、販売の)シトゴを所有している。私がチャベス氏と握手あるいは丁重な会話を持った結果として、アメリカの戦略的利益を危険にさらしているとはありそうにない。」とオバマ大統領は記者団に語った。「我々がベネズエラと更に建設的な関係を持つ結果として、アメリカの利益が損なわれるというシナリオを描くことをあなた方は迫られているのだろう」と加えた。

写真:チャベス大統領は、米国と欧州のラテンアメリカへの関与に関する本でオバマ大統領を驚かせた。

続きを読む

チャベス大統領来日

Posted in 経済, 国際 with tags , , , , on 2009/04/08 by CC

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領が、10年ぶりに来日した。北朝鮮のミサイル騒ぎがあったせいもあるのか、メディアではあまり取り上げられなかった。チャベス大統領の訪日について、venezuelanalysis.comは以下のように伝えている。

日本とベネズエラ、オリノコ石油共同計画を始動し、経済関係を広げる

Venezuelanalysis.comニュース(訳)
April 6th 2009, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2009年4月6日-メリダ

チャベスと麻生

ベネズエラと日本の関係者らは、ベネズエラのオリノコ川石油地帯の開発のための合弁会社を設立するために日曜日と月曜日に東京で会談した。関係者らは、将来における金融、インフラ、農業、自動車生産、そして石油化学製品の分野での経済協力を計画した。

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領と外務、通商、観光、農業・国土、エネルギー・石油の各省庁の代表は、日本側の担当者、そして経団連と、ベネズエラと日本は互いの輸出入の要求をどのようにできるか話し合うための会談を持った。

写真:ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領(左)と麻生太郎首相(YVKE Mundial)

続きを読む

ベネズエラ再選制限: 個人崇拝と「賛成」の成功

Posted in ボリバル革命, 政治 with tags , , , , , , , on 2009/02/22 by CC

ZSpace:ジョージ・ガブリエル
2009年2月17日

ベネズエラの再選制限撤廃に関する日曜日の国民投票の「賛成」キャンペーンの目覚しい勝利でもって、権威主義との繰り返しの非難とチャベス大統領の字個人崇拝の高まりを大量に聞くことになるだろう。しかし、結果の細部を見てみると、2008年の11月地方選挙のそれと比較して、特に「個人崇拝」との非難が根拠がないことが分かる。実際に、ベネズエラの選挙戦において人物よりも重要視されることを証明できる長期の思想的分断の定着を結果は示唆している。(注1)

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。