資本主義 のアーカイブ

[ホンジュラス]軍事クーデターと社会変革(3/3)

Posted in ホンジュラスクーデター, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , on 2010/03/30 by CC

ホンジュラス人民抵抗戦線のメンバーで、政治組織「ロス・ネシオス」の政治編隊書記のヒルベルト・リオスの講演の最終回。

———————————————

クーデターは、SICA(中米統合機構)にとって後退だったか?

軍事クーデターは、諸国間の真の関係を明らかにするのを助けた。統合は、作り話だった。作り出された資本金額は、オリガルキーのためであって国々のためではなかった。すべて地政学的に見ると、米国に更なる軍事的存在を与えていることが分かる。米国は、ハイチに1万人の兵士を送った。米国は、戦争を通じて彼らの経済危機を解決することを助けている。

我々はみな帝国主義に反対する努力をすべきだ。我々は、世界のどこからでもそれをすることができるし、個人の努力として始め、そして最終的には組織に行き着くことができる。我々は、資本主義の真っ只中で単に消費者として生活し続けることはできない。

例としてキホーテセンターと彼らのホンジュラスの人権侵害を証明するために代表団を送る働きに言及して、推奨を行なった。

ニカラグアに住んでいるものとして何ができるか?

最も重要なことは、人びとに軍事クーデターについて知らせ続けることだ。私は、私の組織の財政を担当していない、しかし我々にはカネを要求しないという方針がある。我々は、10年にわたって存続しており、メンバーからのみ資金を受け取る。全員が自らの信義に従って貢献すべきだ。もし10人の政治亡命者がホンジュラスから来れば、私はあなたたちに彼らを助けるよう頼まないだろう、あなたたちはただそうすべきだ。後ほど亡命者たちについての情報を配付する。

我々の名称ロスネシオス(問題児たち)は、シルビオ・ロドリゲスの歌に由来する。

あなたがホンジュラスへ戻ることができるようになるためには何をしなければならないか?

ある日人びとが抵抗運動へ銃を提供するために私の家に来た。彼らは、私についてたくさん知っていた、銃を提供するため私に電話をかけ続けた。私は、殺しの脅迫を受け始めた、だから脅迫が止まるまで武装しない限り私は戻ることはできない。

ミチェレッティとピノチェトの料理本のようだ。ノーベル平和賞をキッシンジャー、アリアス[コスタリカ大統領]、そしてオバマに与えるようなことだ。

エルサルバドルのロケ・ダルトンは、「軍隊のトラックが通り過ぎる」という詩を書いた。

「彼らが軍隊なら、なぜ彼らは武装しているのか?力だけが武器の中に存在する。武装するという単語は、ウェスティングハウス冷蔵庫のように組み立てられることを意味するのか?兵士は、安い労働力か?ラテンアメリカの軍は、米軍だ。」

ラテンアメリカであることは危険だ。帝国主義は、その制度を維持するために更なる支配を必要とする。もし世界市民のすべてが米国市民のように暮らすのであったら、我々には地球が5つ必要だろう。米国社会は、手にすることができるすべての資源を要求する。それは社会ダーウィン主義だ。

ここへ来て、私の話を聞いてくれてありがとう。ホンジュラスとあなた自身の国へのあなたの興味を目覚めさせることを望む。

Quotha.netより。
translation by Caracas Café

広告

[ホンジュラス]軍事クーデターと社会変革(1/3)

Posted in ホンジュラスクーデター, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , on 2010/03/28 by CC

これは、ホンジュラス人民抵抗戦線のメンバーで、政治組織「ロス・ネシオス」の政治編隊書記のヒルベルト・リオスの講演を翻訳し活字化したものである。講演は、2010年1月21日、マナグア[ニカラグアの首都]のカサ・ベン・リンデールで行なわれた。カサ・ビン・リンデールは、主に英語を話す国際主義者向けに週に1度の会合を主催している。

2010年1月21日
講演: ヒルベルト・リオス

私は、ニカラグアに1ヶ月住んでいる。現在、政治的迫害のため、100人以上の亡命ホンジュラス人がいる。国際メディアは、それについて全く何も載せていない。

ホンジュラスがこれに関わったことは異例で、なぜならホンジュラスは、ラテンアメリカの典型的な「優等生」であるからだ。ホンジュラスは、グアテマラのハコボ・アルベンスの転覆の時、80年代のニカラグアのコントラのため、米国のグレナダ島侵略の時に基地として貢献し、イラクへも派兵した。ホンジュラスは、最も政治的に二極化していないラテンアメリカの国であった。

左翼政党は、過去10年間、ホンジュラスの社会運動に参加している。セラヤは、右翼政党から2006年に権力の座に就き、彼の政権は社会運動を弾圧し始めた。セラヤはその時、国が1つの社会階級によって誘拐されていたことに気づいた。ホンジュラス経済の90%は、10の一族によって支配されている。これは、資本主義の下でさえ発展を妨げる。
つづきを読む

チャベス、通貨切り下げを発表

Posted in 石油, 経済 with tags , , , , , on 2010/01/13 by CC

ベネズエラのチャベス、通貨切り下げ、2層式為替レートを発表

January 9th 2010, by Kiraz Janicke – Venezuelanalysis.com

金曜日、全国へ向けて演説中のウーゴ・チャベス・ベネズエラ大統領(YKVE Mundial)

2009年1月9日-カラカス
ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、金曜日の全国テレビ演説で、通貨ボリバルの公式為替レートの切り下げと必須でない輸入品向けの二等級のデノミされた「石油ボリバル」の創設を発表した。

ボリバルは、2ドル15セントから2ドル60セントへ切り下げられるだろうとチャベスは述べ、一方で「石油ボリバル」は4ドル30セントに固定される。こ対策は、それぞれ17%、50%の切り下げを意味する。

ベネズエラ政府は、2003年に推定200億ドルの経済的損失を引き起こした民主的に選ばれたチャベスを権力から追い出すことを目的とした2ヶ月間の石油産業における幹部締め出しの後、外国通貨為替の統制に動いた。最近の通貨切り下げは、2005年3月の11%切り下げ以来初めてである。 つづきを読む

ベネズエラ政府の銀行再編

Posted in 経済, 政治 with tags , , , , , on 2009/12/21 by CC

ベネズエラ政府、銀行部門の再編続ける

December 18th 2009, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2009年12月18日-メリダ

ベネズエラ政府は、水曜日、公的部門職員へのサービス提供で政府と契約を結んでいた民間保険会社を管理下に置くと発表した。この動きは、不正と対峙するために1ヶ月になる民間銀行と融資部門への国家介入の中で出てきた。また、国民議会は貯蓄者保証を増やし、銀行規制を強める銀行法改正を承認した。

保険会社セグロス・ラ・プレビソラが公的機関との契約における支払いが2ヶ月遅れていたことの究明後、国家が会社の運営を引き継ぐことをウーゴ・チャベス大統領は、現在国連の気候変動会議に参加しているデンマークのコペンハーゲンから発表した。

過去1ヶ月間、政府は、8つの民間銀行と1つの公営銀行(バンフォアンデス)、そして複数の株式取引会社を不正容疑で国家捜査を開始した。そのうち2行は解体され、2行が再建されてバンフォアンデスに合併、4行がバンコ・ビセンテナリオと呼ばれる新公営銀行へ結合された。複数の捜査は、いまだ審理中である。 続きを読む

チャベスとモラレス、COP15で訴え

Posted in 国際 with tags , , , , , , , , on 2009/12/20 by CC

コペンハーゲンの気候交渉でエボとウーゴ白熱

2009年12月19日
ラファエル・メンデス(t r u t h o u t

コペンハーゲンでのCOP15で演説するベネズエラのチャベス大統領(Telesur)

ここコペンハーゲンの気候サミットでの水曜日の朝は、轟音とウーゴ・チャベスとエボ・モラレスの過熱した演説で幕を上げた。二人の南米リーダーは、資本主義は気候変動を停止し元に戻す唯一の方法であるという考えに抗議した。本会議での演説で、チャベスは、デンマークの首都での交渉は、世界の富裕国によって押しつけられた完全な茶番であるとして、「この惑星では、我々は帝国主義独裁政権の下で生きている。私はこう言う、帝国主義独裁政権を倒せ、人民と民主主義万歳!南の我々よりも優れていると信じ、第三世界と呼ばれるもの、発展途上国、打ちのめされ、荒廃させられた世界よりも優れていると思っている一連の国々がある。」と述べた。

燃えるようなベネズエラの指導者は、交渉を救済する試みでデンマーク大統領によって提示される予定の新たな文書の密室での作成を非難する他の途上国による抗議への支持に手を差し伸べた。チャベスと他の代表らは、富裕国に有利でサミットの透明性と民主性を損ねるとしてその文書を非難した。 続きを読む

The Nation: チャベス・インタビュー(3/4)

Posted in ボリバル革命, 経済, 政治, 教育 with tags , , , , , , , , on 2009/10/27 by CC

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領のインタビュー3回目。チャベス大統領が、ベネズエラ国内の諸問題とボリバル革命の進展状況について語る。

グランディン: 少なくとも国内で、ボリバル革命が限界に達しているという印象がアメリカの革新派の中にあります。彼らは、あなたの反帝国主義や多極世界をつくという努力についてはよく耳にしていますが、ベネズエラでなにが起こっているのか、「参加者民主主義」の前進における成功と失敗についてはあまり知りません。

チャベス: 多くの政治分析は、大多数が右派の報道担当であるが、メディアとともに、これも右派に占められている、ボリバル革命の政府は、崩壊間際にあるというアイデアを作り出してまわる。石油価格の下落は、一方で我々に影響を与えた、しかし根本的にではなく、過程の根元あるいは基盤においてでもない。我々は、段階を通過しているのだ。我々は、革命の第二の10年間を開始しており、今は新しい政治的地平線に近づきつつある。地域住民評議会は、例えば拡大と続け、成長をつづけており、更に野心的な計画である社会主義コミューンへと進化している。我々は、ゆっくり、しかし確実に、1日ではなく1年あるいは5年で、石油依存から脱却し、国の発展を進めている。もしここの一部の人びとが、誠意を信じる人びと、ネーション読者たちが、ボリバル革命は疲弊していると信じるならば、そうでないと伝えて欲しい。自分の目で確かめるように言っても構わない。ベネズエラは、もちろん問題を抱えている国であり、革命政府には失敗があり、間違いを犯している、しかし継続過程である。
続きを読む

チェ・ゲバラ計画

Posted in ボリバル革命, 計画(ミッション), 教育 with tags , on 2009/02/28 by CC

2009年2月10日

ボリバルニュース局(ABN)は、チェ・ゲバラ計画によって約90万人のベネズエラ青年が受けたという、この計画の主任であるホセ・グレゴリオ・アルバラド氏の発表を伝えた。

ラテンアメリカで今も絶大な人気を誇る革命家エルネスト・チェ・ゲバラの名を冠し、ただ単に雇用を生み出すためだけではなく、資本主義から社会主義へ経済モデルを変えていこうとしているベネズエラで先頭に立っていく人材を育てる、というこの社会人教育プログラム。ABNは、この計画について以下のように説明している。

この計画の目的は、国の社会的生産成長を促進し、ベネズエラ国民生活の質的向上と、全てのコミュニティにおける要求の完全な実現をもたらす生産と雇用の新しい源を生み出すために地域社会経済を押し上げることである。

(資料)VenGlobal News English


Creative Commons License

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。