食料問題 のアーカイブ

ベネズエラに公営ハイパーマーケット

Posted in 経済, 政治 with tags , on 2010/02/26 by CC

ベネズエラ、国有化ハイパーマーケットチェーンを通じ、公正価格で製品販売

「200年記念ハイパーマーケット」(Leila Saab/ Marcelo García / Prensa Presidencial)

2010年2月16日(メリダ) – Venezuelanalysis.com
週末、ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、最近国有化したばかりのハイパーマーケットチェーンのエクシトに代わる新しく政府が運営するいくつかのハイパーマーケットを開店し、関連する他のスーパーマーケットチェーンの80%の買収の可能性を発表し、ベネズエラの食品会社ポラールに倉庫ビルをカラカスから移すよう命令し、そして新しい通産相を発表した。

新ハイパーマーケット
土曜日、チャベス大統領は、「200年記念」ハイパーマーケット(巨大スーパーマーケット)がララ州バルキシメトで開店する際、開店式を行なった。新しいハイパーマーケットは、カラカス、カラボボ州、マラカイボ、プエルト・ラ・クルースを含め全国に6つある内のひとつである。チャベスは、将来、他の国内の都市で更にハイパーマーケットを設けたいと語った。
つづきを読む

石油利益を中南米の食料のために

Posted in 経済, 農業, 中南米 with tags , , , , , , , , , , , , on 2008/05/11 by CC

(ニュース)ベネズエラ、石油利益でラテンアメリカの食料への資金供給することを提唱
Venezuelanalysis.comニュース
May 8th 2008, by Venezuelanalysis.com/RNV Web
2008年5月8日

ベネズエラのニコラス・マドゥーロ外相は、ラテンアメリカ諸国が食料供給問題への対策として、食料バンクを創設し、また、この地域の石油利益を新しい食料財源に充てることを提案した。マドゥーロ外相は、この提案を水曜日のニカラグアで開かれた食料サミットで行なった。

マドゥーロ外相は、種子や肥料、その他農業投入の提供を手始めに、ベネズエラは食料バンクの創設に取り組むと説明した。

マドゥーロ外相はまた、ベネズエラが2005年に始めたペトロカリベとして知られる地域石油協定の一環である「特別計画」を提案した。計画には、プログラムの石油利益の一部を農業投資への資金供給に変更することが含まれる。現在、ペトロカリベ協定の一環として、ベネズエラは、ほぼ全てのカリブ海諸国に低金利融資で石油を供給する。

続きを読む

(CCHN)クーデター記念日 他

Posted in ヘッドラインニュース, 経済, 農業, 政治 with tags , , , , , on 2008/04/16 by CC

[CCヘッドラインニュース]

クーデター記念日、ベネズエラのチャベス大統領への大規模な支持
April 15th 2008, by Kiraz Janicke – Venezuelanalysis.com
2008年4月14日(カラカス)-Venezuelanaysis.com

チャベス大統領

「二度と人民は裏切られない」という横断幕の下で、およそ30万人が日曜日、カラカスのミラフローレス大統領官邸前に集まって、ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領への対規模な支持を表明した。集会は、2002年4月11~13日の米国に支援された反対派クーデターを打ち破り、民主的に選ばれたチャベス大統領に権限を戻した民衆反乱記念日を祝うために催された。

写真上:日曜日、支援者たちとクーデターの失敗を祝うウーゴ・チャベス大統領。(ABN, Prensa Miraflores)

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3356

ベネズエラ政府、土地改革で32の大土地接収
April 14th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2008年4月13日(メリダ)-Venezuelanaysis.com

ベネズエラの休耕地

世界的不足の中で、国の食料生産を増やす政府の取り組みの一部として、国土局(INTI)が土地を収用した後、ベネズエラ陸軍は、先週木曜日、西部ララ州の32ヶ所の農地を占拠し、地元のサトウキビ生産者からの抗議を引き起こした。

ファン・カルロス・ロヨINTI局長は、この介入を、2001年土地・農業発展法に従う、州都バルキスメトの郊外地域の「農業再生」を目的とした休耕地の「救済」と呼んだ。

法律は、ラティフンディオスとして知られる大休耕地を「社会的利益に反する」とみなし、そしてそれらへの課税あるいは収用への扉を開くベネズエラの1999年憲法に基づく。

写真上:ベネズエラ政府は、全国のサトウキビの30%が生産されているララ州で、木曜日に収用された農地の80%は未使用であると主張する一方で、土地所有者らは、80%で生産しているという。(Union Radio)

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3350

ベネズエラ、国家警察法通過
April 11th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2008年4月10日(メリダ)-Venezuelanaysis.com

チャベス大統領ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、6年近くにわたる議会討論と公聴会の後、水曜日に、単独で、統合された、国の「人民の革命的警察」のための法的枠組みをつくるための警察業務・国家警察基本法を大統領令によって公布した。

チャベス大統領は、この目的のために、昨年、国民議会が大統領に与えていた18ヶ月法令権限の下で法律を通過させた。

チャベス大統領は、水曜日の夜、市民の安全は「悪化している」と認めた。大統領は、「古い抑圧的な警察モデルを教育、良心、社会組織、そして予防で解体を終える」ための「抜本的変更」を主張した。

写真上:水曜日、大統領令で法律を通過させたウーゴ・チャベス大統領。(ABN)

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3344

労働紛争で、ベネズエラの鉄鋼会社国有化へ
April 10th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com
2008年4月9日(メリダ)-Venezuelanaysis.com

鉄鋼会社

水曜日の早朝、ベネズエラのラモン・カリサレス副大統領は、アンデス地域最大の鉄鋼会社でアルゼンチンが管理するテルニウム・シドールの国有化を宣言し、会社と統一鉄鋼産業労働者組合(SUTISS)との間の14ヶ月間の集団契約の争いを終結させた。

記事URL:http://www.venezuelanalysis.com/news/3340

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

ベネズエラ・ブラジル連携強化

Posted in 石油, 経済, 国際, 中南米 with tags , , , , , , on 2008/04/02 by CC

(ニュース)ベネズエラとブラジル、精油所と他7つの合意で協力関係強化

Venezuelanaysis.comニュース
2008年3月27日
March 27th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com

チャベス、ルラ両大統領

ブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバ大統領とベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、水曜日、ブラジル・ルシフェ市の二国間共同計画である新ホセ・イナシオ・アブレウ・エ・リマ精油所の仮協定を含んだ、エネルギー、教育、農業の分野で8つの二国間協定に調印した。

「アイデアは、南米を強さの極にする計画の一部として大精油所を持つということだ。これにより、南米エネルギー連合のペトロスルとして私たちが提案しているものへの真の進展がなされることを目にする」とチャベス大統領は、精油所建設現場への訪問中に報道陣へ語った。

ペトロブラスとして知られるブラジルの石油会社ペトロレオ・ブラジレイロは、1年以上前からアブレウ・エ・リマ精油所建設を始め、単独で45億ドルの計画を完成させることも可能だったと語った。水曜日、ベネズエラはむこう3年間にわたって、この精油所に40億ドル投資するつもりだと、チャベス大統領が発表した。

写真上:アブレウ・エ・リマ精油所建設現場を訪れるチャベス、ルラ両大統領(ABN)

(その他の協定)
Venezuelanalysis.comの記事によると、この他に両国は、メルコスール(Mercosul)へのベネズエラの加盟(ブラジルとパラグアイの各議会での承認が必要)、南米防衛評議会の創設、ベンブラV作戦と呼ばれる両国空軍による対麻薬共同軍事作戦、食料不足対策のための食料貯蔵の共同管理、ベネズエラの食料生産力向上のためのブラジルによる農業技術支援、共同研究など大学レベルでの教育事業などについて合意を結んだ。

記事は、最後にこう結んでいる:

水曜日の訪問の中で、ルラ大統領は、ベネズエラとブラジルの連携強化は、「私たちが、貧しいけれども、私たちの主権への誇りと良心を持っていること、そして私たちが、私たちの可能性への良心を持っていることを世界」へ示している。

ニュース原文URL:http://www.venezuelanalysis.com/analysis/3307
この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

ベネズエラ:革命に危険信号(3)

Posted in ボリバル革命, 国際 with tags , , , , , on 2008/03/02 by CC

国内の不安定化

この外部からの攻撃に加えて、ベネズエラの反対派による強まる国内不安定化キャンペーンもある。今まで絶望的に分断されていた反対派は、国民投票の結果によって自信を深め、11月の州知事と市長の地方選挙へ向けての統一キャンペーンを優先している。

彼らの選挙に対するうわべだけの集中にも関わらず、反対派は、資本主義者による経済的破壊行動の強化(1973年のアメリカが背景にいたアウグスト・ピノチェト将軍による軍事クーデターへとつながったチリの左翼政権に対する破壊行動を思い出させる)を含め、特に議会の不安定化を行なうことも辞さない。

続きを読む

インフレ対策がベネズエラ政府の第一目標

Posted in 経済, 政治 with tags , , on 2008/01/17 by CC

January 8th 2008, by Venezuelanalysis.com

イセア財務相2008年1月7日-カラカス-Venezuelanalysis.com
ベネズエラの新しく指名された財務相のラファエル・イセア氏は、昨日、インフレを2007年の22.5%から2008年に11%へ下げることが「我々の第一目標になっている」と語った。イセア氏は、この削減は、社会福祉を妥協することなく進められる」と述べた。

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。