PDVSA のアーカイブ

ベネズエラが日本やインドなどと新たな石油契約

Posted in 石油, 国際 with tags , , , , , , , on 2010/05/13 by CC

ベネズエラがインド、日本、スペイン、米国と400億ドル石油契約に署名

オリノコ石油地帯(出典:ウィキペディア)

文/Kiraz Janicke – Venezuelanalysis.com
2010年5月12日-カラカス

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、水曜日、2つの共同ベンチャー企業を創設するために、インド、日本、スペイン、米国の石油会社との契約に署名した。これらの企業は、同じくベネズエラに400億ドルを投資する。

オリノコ地帯東部の油田を開発する共同ベンチャー企業ペトロインデペンデンシアとペトロカラボボ設立のための署名式典は、カラカスの石油公社ペトロレオス・デ・ベネズエラ(PDVSA)の本社で、ラファエル・ラミレス・エネルギー石油相、ホルヘ・ヒオルダニ経済・財務相、PDVSAのエウロヒオ・デル・ピノ開発・製造担当副社長、そしてベネズエラ石油社(CVP)のペドロ・レオン理事が出席して執り行なわれた。

デル・ピノは、新しく創設された共同ベンチャーは、2016年に合計で1日あたり80万バレル生産すると試算した。

CVP(60%)、レプソル(11%)、ペトロカラボボ・ガンガ(11%)、PCベネズエラ(11%)、インドイル(7%)で構成されるペトロカラボボは、カラボボブロック1で操業する。

CVPは、ペトロインデペンデンシアの60%の所有権を有し、シェブロン34%、日本カラボボ5%、そしてスエロペトロールが1%を持つ。ペトロインデペンデンシアは、カラボボブロック3で操業する。

各共同ベンチャーは、2010年末までに1日あたり5万バレル、2016年までには40万バレルを生産し始めると見込まれており、ベネズエラの重油の質を向上させるために2つの製油所の建設とアラヤに石油パイプラインの建設が予定されている。

これらの企業は、2月にオリノコでPDVSAとともに掘削する契約を獲得した。

エネルギー石油省は、カラボボブロック2を「戦略的パートナーシップ」のために開くかどうか考慮している。

先週、ベネズエラはまた、中国の開発銀行と200億ドルのローン契約に署名し、CNPC(中国石油天然気集団公司 )もまた、オリノコ石油地帯のフニンブロック4での重質原油を開発する160億ドルの計画で少数所有権を獲得した。

フニンブロック4計画もまた、2016年までに1日あたり40万バレルを生産すると見込まれる。

記事元/http://venezuelanalysis.com/news/5355
transaltion by Caracas Café

チャベス、通貨切り下げを発表

Posted in 石油, 経済 with tags , , , , , on 2010/01/13 by CC

ベネズエラのチャベス、通貨切り下げ、2層式為替レートを発表

January 9th 2010, by Kiraz Janicke – Venezuelanalysis.com

金曜日、全国へ向けて演説中のウーゴ・チャベス・ベネズエラ大統領(YKVE Mundial)

2009年1月9日-カラカス
ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、金曜日の全国テレビ演説で、通貨ボリバルの公式為替レートの切り下げと必須でない輸入品向けの二等級のデノミされた「石油ボリバル」の創設を発表した。

ボリバルは、2ドル15セントから2ドル60セントへ切り下げられるだろうとチャベスは述べ、一方で「石油ボリバル」は4ドル30セントに固定される。こ対策は、それぞれ17%、50%の切り下げを意味する。

ベネズエラ政府は、2003年に推定200億ドルの経済的損失を引き起こした民主的に選ばれたチャベスを権力から追い出すことを目的とした2ヶ月間の石油産業における幹部締め出しの後、外国通貨為替の統制に動いた。最近の通貨切り下げは、2005年3月の11%切り下げ以来初めてである。 つづきを読む

ベネズエラと南米諸国が統合を前進[下]

Posted in 石油, 経済, 国際, 中南米 with tags , , , , , , , , , , , , on 2008/10/15 by CC

ブラジル-ベネズエラ協定

火曜日の会談の中で、チャベス大統領とブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバ大統領は、ベネズエラの国有石油企業PDVSAとブラジルのペトロブラス(PETROBRAS)間の混合計画の構成文書に署名し、今年3月公式に開始された計画であるブラジル北部のアブレウ・ジ・リマ精油所の共同建設の詳細について作業した。

続きを読む

公的医療のための新石油税

Posted in 石油, 計画(ミッション), 医療・保健 with tags , , , , , , , , on 2008/04/10 by CC

(ニュース)公的医療計画に資金を出すベネズエラの新石油税

Venezuelanaysis.comニュース(完訳)
2008年3月25日
March 25th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com

チャベス大統領

ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、月曜日、異例の石油利益に対する新しい課税を発表、これによる収入は、キューバ人医師の支援による取り残された地域に医療を届けるバリオ・アデントロ「計画」として知られる医療計画の拡張に資金供給するのを助ける。

「私は、バリオ・アデントロ計画のために予想外の利益に対する新しい課税を適用することを決めた」とチャベス大統領は、石油が豊富なマラカイボ湖沿岸にあるマラカイボ大学病院への訪問中に宣言した。

写真上:マラカイボ市で医療計画の拡大を発表するチャベス大統領

続きを読む

3/20 CCヘッドラインニュース

Posted in コロンビア紛争, ヘッドラインニュース, 石油, 国際 with tags , , , , , on 2008/03/20 by CC

エクソンとの論争で、ベネズエラに有利な判決をロンドン裁判所が下す
2008年3月18日(メリダ)

March 18th 2008, by James Suggett – Venezuelanalysis.com

ラミレス石油相

イギリスのポール・ウォーカー裁判官は、今日、ベネズエラ公営石油企業PDVSAの資産120億ドルの凍結は無効だ、とロンドンの裁判所で宣言した。この決定は、セロ・ネグロとして知られるベネズエラのオリノコ川ベルト計画におけるエクソンの権利の国営化についての論争で、2月7日に一時的資産凍結を勝ち得ていた世界最大の石油企業エクソン・モービルにとっては大敗北である。

写真上:ラファエル・ラミレス石油相・PDVSA社長(Archive)

ニュース原文URL:http://www.venezuelanalysis.com/analysis/3283

コロンビアのエクアドルへの軍事侵入を米州機構が拒絶
2008年3月18日(カラカス)

March 18th 2008, by Kiraz Janicke Venezuelanalysis.com

エクアドル外相

14時間の緊迫した討論の後、米州機構(OAS)の外相会議は、ワシントンで早朝、3月1日のエクアドルに対するコロンビアの軍事侵入を拒絶する3月7日のリオ・グループ首脳会議宣言を批准する決議を承認した。この侵入によって、コロンビア革命軍(FARC)のラウル・レジェス副司令官を含む25名が殺害された。

写真右:最終決議で拍手するエクアドルのマリア・イサベル・サルバドール外相(Telesur)

ニュース原文URL:http://www.venezuelanalysis.com/analysis/3284

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。