USAID のアーカイブ

(エクアドル)我々すべてを弱体化させる非難

Posted in 中南米 with tags , , , , , on 2010/10/19 by CC

このブログでも取り上げたエクアドルのクーデターに関するエバ・ゴリンジャー氏の記事に対する反論文が、Upside Down Worldに掲載されていたので紹介する。

我々すべてを弱体化させる非難: CONAIEに対するエバ・ゴリンジャーの攻撃への返答

文/エクアドル連帯ネットワーク
2010年10月12日

9月30日、エクアドル国民は、ラファエル・コレア大統領の指導力を危機に陥れるように思われた警察の反乱を経験した際、世界中の人びとが、現地で何が起こっていたのか情報を集めるためにツイッターを使った。

優秀な弁護士で著述家のエバ・ゴリンジャー氏は、世界中の読者に対してエクアドルの彼女の情報源からのニュースのツイート(つぶやき)を立て続けに送った。

「気をつけて、ある特定の位置へ組織を傾ける米国当局によって資金を受けたCONAIEの連中がいる・・・」

彼女のツイートは、ラテンアメリカで最も力のある社会運動のひとつであるエクアドル先住民連盟(CONAIE)による声明の英語訳への反応だった。その声明では、CONAIEは反クーデターであり、またコレア自身が反乱の状況を作り出すのを助けていたという事実を指摘した。声明は、コレア政権がエクアドルの社会運動を攻撃し、非合法化していると指摘した。また、政府の「専制的性質」も非難した。
つづきを読む

広告

エクアドルクーデターの裏側:ALBAへの攻撃

Posted in 政治 with tags , , , , , , , , , , , on 2010/10/05 by CC

10/2/2010

文:エバ・ゴリンジャー
英訳:Machetera

米州人民ボリバル同盟(ALBA)加盟国のひとつに対する最近のクーデターは、ラテンアメリカの統合と革命的民主主義過程の前進を妨げる企てである。ラテンアメリカでの右翼は攻撃を仕掛けている。2009年、マヌエル・セラヤ政府に対するホンジュラスでの成功は、右派を奮い立たせ、ラテンアメリカの人びとと革命政府に対する再度攻撃する力と自信を与えた。

ベネズエラでの9月26日日曜日の選挙は、ベネズエラ統一社会主義党(PSUV)の勝利である一方、帝国の利益への奉仕において最も反動的で危険な不安定化勢力にも余地を与えた。アメリカ合衆国は、ベネズエラの民主主義を弱体化させる陰謀を前に進める地盤を与えるベネズエラ国民議会での重要な要素を置くことができた。
つづきを読む

[ハイチ]干渉と搾取の歴史

Posted in ハイチ地震, 対米関係, 中南米 with tags , , , , , , , , , on 2010/01/26 by CC

ハイチ地震の被害は、なぜここまで広がったのか?ハイチの歴史的背景を理解していなければ、全体は見えてこない。以下は、アメリカの反戦団体「国際ANSWER」が地震直後に送信したメールニュースからの翻訳である。なお、ハイチの人びとへの連帯の言葉を述べている冒頭は省略している。

ハイチの人びとと連帯を

米国政府が言わないこと

このような時において、この惨事を政治的、社会的文脈に置くことも重要である。この文脈なしに、ハイチに直面している問題とそして最も重要なことであるハイチが生き残り繁栄できるようにする解決策の両方を理解することは不可能である。ヒラリー・クリントンは、本日、「それは聖書のような、ハイチとハイチの人びとを脅し続けている悲劇です。」と述べた。「神の行ない」をハイチの苦痛を全面的に責めるこの偽善的声明は、 この地域における米国とフランスの帝国主義の役割を隠蔽する。

このメールのメッセージの中に、私たちは、実際の文脈を構築するのを助けるハイチについてのいくつかの背景に関する情報を入れている。

ハイチのジャン=マックス・ベルリーブ首相は、本日、10万人のハイチ人が死んでいるかもしれないと述べた。国際メディアは、何千もの倒壊した建物からの瓦礫に囲まれた路上に沿って積まれている遺体について報道している。経済的損害の見積もりは、何十億ドルである。ハイチの大きな貧困地区の住民は、特にこの悲劇で強い打撃を受けた。

つづきを読む

ベネズエラ:革命に危険信号(3)

Posted in ボリバル革命, 国際 with tags , , , , , on 2008/03/02 by CC

国内の不安定化

この外部からの攻撃に加えて、ベネズエラの反対派による強まる国内不安定化キャンペーンもある。今まで絶望的に分断されていた反対派は、国民投票の結果によって自信を深め、11月の州知事と市長の地方選挙へ向けての統一キャンペーンを優先している。

彼らの選挙に対するうわべだけの集中にも関わらず、反対派は、資本主義者による経済的破壊行動の強化(1973年のアメリカが背景にいたアウグスト・ピノチェト将軍による軍事クーデターへとつながったチリの左翼政権に対する破壊行動を思い出させる)を含め、特に議会の不安定化を行なうことも辞さない。

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。